コメント一覧

Total: 4,052
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 82 |
ありがとうございます。
この場所は水を汲みに来る人は多いんですが、句碑を意識してる人は少ないかもしれません。
親マップ: 石巻の清水 by ゆひもぐ
garan
ゆひもぐさま おはようございます。
ちょっと読んでみようかと思いましたが有名な句のようでネットですぐ見つかりました。「そそぐ」を「注ぐ」、「也」を「なり」とするものが多かったですが碑面のままに、
・清水あふれて 大川に そそぐ也
親マップ: 石巻の清水 by ゆひもぐ
winecolor
>がらんさん

解読ありがとうございます。
タイトルとタグを訂正しました。
winecolor
>がらんさん

解読ありがとうございます。
garan
ちょっと読み切れないけど句のようですね。
・往古の神事を傳へ聞て 八十一翁□□堂 蘆村
初午や 鶴の穂をまく 神の庭
garan
winecolorさま おはようございます。
「弥栄貯金」かな。
中之町集会所のは石目もあって読み切れず。
garan
・鵲橋之碑 三重縣知事從四位勲三等古莊嘉門題額
鵲の わたせるはしの おく霜の
 しろきをみれは 夜そ更にける
大江川古來有鵲橋、取大伴家持卿歌詠之句云、往年星合・笠松・五圭・小舟江等合爲一、又取是橋名稱鵲村、其著于世也久矣、按延喜式有波氐神社相傳祭多奈波太姫神、今星合村社波氐神社是也、笠松里亦有鵲神社、乃知鵲橋之名起、此頃村人相商建石勒其事、屬予記其概略、
      神宮禰宜從七位矢野萬太郎撰
             市川 進 書 
なると4
 今治市出身の世界的建築家、丹下健三氏設計による公会堂、その前に巨大なプロペラがある。まさに海事都市今治を象徴するモニュメントだ。
 (途中略)
 海事都市今治を象徴するこの巨大プロペラは、直径九メートル。間近に見るとすごい迫力だ。2013年に今治造船株式会社から寄贈されたもので、8100個積み大型コンテナ船MOL COSMOSに搭載されたプロペラと同じ型だそうだ。MOL COSMOSは全長320メートル。戦艦大和が全長263メートルといからその巨大さがわかる。

観光パンフレット「今治スタイル ロケーション遍」より
なると4
今治城(愛媛県今治市)2019/11/30
地図上の少し上の方から撮影した夕景です。
なると4
winecolorさんは桜の季節のようですね。
私は紅葉の季節です。
親マップ: 檜垣俊幸翁像 by winecolor
なると4
今治城(愛媛県今治市)2019/11/30
この説明板の設置場所はどこだったか忘れてしまいました。
winecolor
>なると4さん

きれいな夕日ですね。
なると4
 展示されている2つの石は、平成17年1月~平成18年10月にわたる発掘調査において検出されてた、三の丸表門である鉄御門に使われていた礎石です。
 これらの2つの礎石は、鉄御門の正面鏡柱を支える礎石で、梁間寸法5.70mあったことがわかっています。礎石上面が平坦で、扉の付く鏡柱の礎石は、背面控柱の礎石より大きくなっています。両礎石とも石質は石灰岩で、割れが入っており、再使用するには強度・耐久性から不安がありました。一般に礎石として石灰岩は脆く、使われる事例はあまりない為、当地に移設展示することにしました。
 鏡柱用の礎石の正面側には鑿(ノミ)で斫り取って前面を平滑に加工した跡があり、石段の蹴込み面を兼ねた加工跡と思われます。おそらくは、遺構調査で判明した藤堂高虎創築の鉄御門枡形の地盤高さが現状地盤よりも1m以上低かったようで、門正面に右に折れ、1.5m程石段を上って鉄御門を潜ったようであり、その急な登りの石段を納めるために礎石に蹴込み加工を施したと推測されます。
 今回の復元に際しては、新規取替え礎石は強度・耐久性のある市内大島産の花崗岩を使って、レプリカを制作し、旧地盤面下に鉄筋コンクリート造の一体の基礎を構造し、その上に新設礎石を旧位置に据え付け、上部建家工事を行っています。
 この地に、工事に伴って実施した発掘調査では、破却されたくさんの瓦片及び桝形正面石垣などについて、破却改変時の状態を記録保存しております。
なると4
阿形の狛犬がいないせいでは無いと思いますますが、何か悲しげな表情に見えます。
なると4
吹揚稲荷神社[吹揚神社](愛媛県今治市)2019/11/30吹揚稲荷神社[吹揚神社](愛媛県今治市)2019/11/30
社殿の斗栱です。複雑な構造ですね。
なると4
吹揚稲荷神社[吹揚神社](愛媛県今治市)2019/11/30
夕日が眩しかったです。
garan
・花園神社 大窪詩佛題水盤銘
取彼雲根 爰刻爲盤  彼の雲根を取りて これ刻みて盤と為す
盛以井花 則清則寒  盛るに井花をもってすれば すなわち清くすなわち寒(すず)やかなり
爰盥爰嗽 可以拝神  ここに盥(てあら)いしてここに嗽(くちすす)ぎ もって神を拝むべし
神之嘉爾 降福維繁  神のなんじを嘉みすること 福を降してこれ繁(さか)んなり
不啻爾躬 及爾子孫  なんじの躬にただならずして なんじの子孫に及べり
槃之不朽 子孫永安  槃の不朽にして 子孫永安なれ
 文化十年歳在癸酉冬十月、大窪行題
親マップ: 三光院水盤 by がらん
garan
釋文
役祐貞之墓
先父君招魂哀祭碑
維文化三年歳次丙寅二月某日故住持本立院
父君諱祐貞適于江府以獻呪符於 姫路君公
入見公會有祈于神祇因命父君而皆驗焉公歡
喜之餘留之左右者凡九月以其十月六日無病
西逝年三十有七公廢朝軫念加恩備礼而葬都
下淺草崇福禪寺公廟兆域内葢寵幸之至也加
之命一邸臣士輓辞哀文以吊之仍其鍾愛之難
忘竟立一塔表此厚賜追榮云時某孤永也年僅
十二兩弟尚幼矣即凶訃之夕隨母而犇喪於江
府灰心垢面號哭墓下三日泣血猶漣々迫見
公拜謝而公辱盡一哀慰諭隱惻乃厚貺歸焉爾
來既巳踰一紀意吾欲改丨故山則不忍公恩之
深文欲止則心邇塗追時祭多闕奠毎至忌日心
骨倶碎矣今謀建一塔於先塋旁以作香葬攸慾
使後世子孫識父君骸骨所在以安神魂於丘墓
然秉筆之間思慕紅涙尚如初矣敢恭設奠几修
無上道以謹請神理若昭昭乎有智則冀來享兾
来亭嗚呼嗚呼哀矣哉
文政五年壬午歳冬十月六日
          寺主孤祐永揮涙謹撰
          執友思齋原森焚香書
garan
洞庭
 去大田喜七里
 去勝浦七里
 去長者街二里
 去東金五里
 去茂原二里
 去廳南三里
此地享保十一年丙午、従五位藤原朝臣久通治所受領也、六世孫従五位下藤原朝臣久徴呈桜樹数株于天女似修造焉、
  天保十五年三月十五日
親マップ: 洞庭湖記念碑 by がらん
garan
定林山能成禪寺之碑
能成寺碑    試教官甲府徽典館督學友野瑍撰
   從五位下朝散大夫中務■■甲府尹浅野長祚書  一宮副祝伴希真篆額
盖聞求道■峰聞真如之密諦息言鹿野開不二之法門儻駕慈航忽離慾海非乗寶筏焉濟迷
津四有八■同■寂滅三輪二諦共證菩提龍樹馬鳴振頽綱於南竺㝡澄空海弘象教於東方
地布黄金雁沼競開香域階粧緑玉鸚林爭搆化城古蠆春蠶鐫豐碑於柰苑青鴛白雀営練芳
於祇園斯皆善信捐施給孤喜捨者也事有自来矣義其在此夫定林山能成寺者業海本浄禅
師之所創也于時刑部太輔武田源公諱信盛地拠五州威加一世雅素歸依正法兼能景慕真
宗爰建淨刹於名區乃屈禅師而知任歳時悠邈堂搆廢■竺英禅師者種出将門生具佛性継
法燈於将滅掲慧日而再中焉廼有龍眠上人徳行淳深戒律堅固心源立本智創除邪多年曾
駐錫江都乃者来住持此寺誓興傾地於今日鹿復奐輪於往時寶相改観金容重耀斫榛刻花
建碧殿之崢嶸植藕■菱柘清池之澤沅■猿怖鴿倶遊乎■蔔芳林忍草禅枝競茂于琉璃寶
地櫻開爛漫無非必鉢之花鶯語閒關即是迦陵之鳥崇基克搆己致美於三層覆簣漸成全収
功於九仭若乃審其方面相此地形北■岡陵西臨郛郭金城如畫環十五之通門碧瓦爭流列
且千之大邑絃聲湧月則花街柳陌之家寶氣衝星則里■市魁之窟雲浮夢嶺足觀衆有皆空
月掛鏡臺可證本来無物池開無熱吹来■■十里之風樓聳由旬望入芙蓉千秋之雪善光寺
近聴唱唄於梵窓酒折宮隣■賡歌於神代窮塵爛石半是昔人酣戰之場浮巘細岑多為騒客
留連之境於是聊抽短筆用勒貞珉才愧彦和敢希花現無量之碣文非持正願面雪轟薦福之
碑  天保十四年歳次癸卯冬十月
garan
釋文
【碑表】 
佐羽淡齋         
瓊砂一路截波通 孤嶼崚梨屹海中
潮浸龍王宮裏月 花香天女廟前風
客樓斫膾絲々白 神洞燒燈穗々紅
幾入蓬雙諳秘跡 不須幽討倩仙童
東京 玉淵加藤豊書          
【碑陰】
淡齋佐羽芳字蘭卿、上毛桐生人、善詩嘗著百絶百律、今又将欲遍遊名山奇蹟、得詩刻石立百碑而後止、此其第一碑也、詩佛老人大窪行題碑陰、以督其成功云、時文政壬午秋九月也、
元碑曩為野火所燬其面剥落、今茲再建此碑遵父祖之遺志也、碑陰文字依旧存之、
昭和十一年五月  四世孫 佐羽興 佐羽總太郎
garan
釋文
【題書】 題石壁
【本文】
風濤石岸鬪鳴雷 直撼樓臺萬丈廻 
被髪釣鼈滄海客 三山到處蹴波開   
南郭服元喬
【碑陰】
南郭翁毎遊江島主於我家必見携行、一日觀濤乘興爲七言近體、直援大筆書石壁上、戯謂余曰、汝好詩能保護此句、勿使風雨、將去今
翁既逝殆五十年、不堪感念、乃建碑題其詩、爲同志之者存事云 文化二年乙丑十二月
  外孫 舞岡相長保謹識
【右側】  天籟源美德書
親マップ: 服部南郭碑碑 by がらん
garan
『玉繩首塚碑』釋文
【篆額】玉繩首冢碑
【銘文】
 鎌倉郡玉繩首冢碑記
  西城小姓番士兼編修 間宮士信撰
  從五位下大隅守戸川惠 書并題額
室町氏季世関東擾亂、北條左京大夫諱氏綱據小田原城、使弟左馬助氏時守玉繩城、當是時也敵國相侵攻伐是務、房國有里見氏絶海屡冦、大永六年十一月十二日房冦放火焚八幡祠、城兵逆戰于戸部川上斬馘甚衆、城兵亦死者三十五人、氏時便以房人首級換吾兵三十五首、爲合豬築冢、後人號曰首冢或呼甘糟冢、甘糟氏葢死者之長也、大永距今三百餘載、物換星移土人亦咸不知其由也、郡人甘糟福原等奉先思孝追遠弗措将謀樹碑、其孫裔存者聞之各戮力舎財、會有地志編纂之擧、余掌其事乃遣朝岡泰任・村井量令等採索焉、自鎌倉迄藤澤、甘糟等爲之指導途、過家側因説樹碑之課、且爪二生請銘於余、余祖宗亦爲北條氏之義不可辭也、乃係以銘、銘曰
  赴危殉難 甘喪其元 妖氣一霽 城壘得完 戸部之水 村岡之原 毅魄安在 惟一杯存 春草空緑 秋霜自繁 歴載三百 緜務子孫 
文政八年歳次乙酉冬十一月建  
                 廣瀬群寉刻
【碑陰】 喜捨名氏(省略)
※剥離不明部分は『我がすむ里』(文政十三、小川泰二著、白旗神社「藤沢デジタル文庫」)を参考に補填した。
親マップ: 玉縄首塚碑 by がらん
garan
養老美泉辯 印;翠蘭 藤原實則
日本根子高瑞浄足姫天皇、天下所知看斯大御代邇、美濃國當耆郡多度山爾、醴泉顕祁埋靈亀之三年登云年之九月、天皇其地爾幸行而、大御醴乎滌賀志都琉邇、御痛悉爾除古理、病人諸愈多理伎、故同年之十一月、天皇我大御命良麻許詔賜都良久、書爾、醴泉者美泉可以養老登云幣理、此者天神地祇乃、宇豆奈比福波閇奉禮琉、大瑞乃物曽登、神随母所思行觀賜弖、靈亀三年乎改弖養老元年登爲弖、御世之號登定賜使、又同年之十二月、美泉乎挹弖令献而、醴酒登爲賜比、明年之二月邇母、其地爾幸行伎、抑如此嘉賜波志斯其美泉者、今所謂多芸郡那琉養老之瀧那母其那琉、然乎御代之御紀爾、美泉醴泉登能徴記佐延而有者、其地之山口邇甚寒伎泉之在乎、其彼泉登思惑閇琉人多迦理、美泉者、宇都母那久瀧那琉由者、天璽國押開豊櫻彦天皇、天平之十年餘二年登云年之十一月、伊勢國爾幸行弖、壹志郡河口之関宮邇大坐麻志弖、還佐波美濃爾巡良斯弖、多芸行宮邇四日逗坐伎、其時御供爾仕奉禮琉、大伴宿禰東人、從古人之言來老人之、大伴宿禰家持、田跡河之瀧乎清見香從古、宮仕兼多芸乃野之上爾、登作歌以弖知良延多理、又人能子之老多琉父乎養都登云物語母、浮多琉後世之作事曽與、御世之號乃義者大詔詞爾明那琉乎夜、大秀瀧下邇到而歌曰、古邪祁那須宇麻志伊豆美登意冨伎美能伎許志米伝祁牟多岐能勢叙許禮、如此云者、文化之十年餘二年登云年之五月能望日、飛騨國大野郡高山里御民田中大秀、
 正二位勲一等公爵徳大寺實則題額  飛騨國高山 圓山東蘭書 湯萬年刻
garan
(碑陰)
一鞭秋色度嶒嵺 孤客衣寒魂欲消
無限關山行不盡 湖邨烟雨馬蕭々
 明治五年十月、銜命東行、箱根山上有此作、今移籍東京、刻以為紀念、維明治十七年八月也、
  山口 奎海居士兒玉少介
garan
「小河内温泉之碑」釋文
【隷額】武州多摩郡小河内温泉之碑
【本文】
山川淑麗之氣、鍾秀毓竒、融而為炎液温濤、滾々淙々、湧地上、其洗汚穢、蕩邪毒、以致生物壽世之用者、嗚呼亦偉矣哉、地誌法書所載、海内湯院二百餘區、而武蔵多磨郡小河内温泉、列等於其首、故老相傳云、昔有玄鶴、傷箭墜地、乃到于巖崖温泉沸渤之所、延頸承溜、其留者凡二日、肉隨瘉、箭隨抜、遂刷勁喬沖霄而去、里人始喩此地有神液、而啓其秘焉、因名之曰鶴湯、夫玄鶴雖仙種亦羽族也、羽族而先人而知温泉之有靈、人又隨鶴而啓靈液之秘矣、則神區靈域之顯晦、亦有時耶、寛文中、里老疏其原由、聞之 官、請開湯院、延四方浴者、廼挑壑缺竇、高下承之、疏濬延之、而温泉直墜泓中、湯院數區、倚池臨街、棊列左右、曲欄繞廊、疎櫺通風、以便坐湯者、此地也、西負甲斐、北擁秩父、重嶺崇嶽、環背挾腋而拱立、多磨河之流、潺湲鳴嗹、清明如玉、激湍淙々、言帶其前、浴者坐以觀泉石之竒、臥以望雲烟之變、非唯滌汚穢、蕩邪毒、破覡解夷、而袷諸患而已、亦足以濯胸中萬斛之塵矣、於是小河内温泉哄傳海宇、其扶輿仗策、呻吟吁嗟而來者、皆棄輿而走、放策而起、其神驗竒效不勝轎載焉、湯院主丹次友八、遠出於丹次比彦王之裔、世居秩父郡、爲一郷豪族、一日來告曰、山川至陽之氣、蓄精蘊竒發炎液、灑温濤、使生民滌篤軾瓦、脊痾以延其齡、造化之功用、豈不偉哉、父老曩披其幽、蹤而開此湯院者、盖所以答於天地生物壽世之仁之意也、欲得先生之言而傳之海區焉、於是記其勝殄、勒之於石、并告四方攬竒索窈之士云、
文政四年歳次辛巳夏至                   鵬齋龜田興撰并書 
佛庵中邨蓮題
      角太川世祥刻字
【碑陰】
小河内原の温泉といふ處にて
千代にほふ 鶴の出温泉や 夏しらず 
文政甲申五月 鶯邨抱一[押]   窪世祥刻
       


winecolor
2019/5/26にテレビ朝日系で放送された「ナニコレ珍百景/その後が気になる珍百景セレクション/たった1人で山の中で作り続けていた仏像」で見ました。
ほぼ完成したそうです。
親マップ: 不動明王像 by winecolor
garan
プレートの文字が赤サビで見えず。「金色の少女」または「雫」とのネット情報あり。東京ロケハンNAVIには「華」となっている。落款は「菊」。
親マップ: 少女 by がらん
garan
烏山川緑道・北沢川緑道起点(三緑道)ウォーキングマップ三緑道分岐付近の様子
kuwaさま おはようございます。
しばらく前に通過しましたので画像を加えました。無題というのも何なので「三緑道分岐」としてみましたが。関連画像もこちらに貼っておきます。
親マップ: 三緑道分岐 by kuwa
winecolor
2019/5/16にNHK総合で放送された「日本人のおなまえっ!/埼玉ダサくないスペシャル」で見ました。
garan
曽山霊園 整理中の鐘江家墓所
通りがかったら整理するのかこういうことに
親マップ: 鐘江録子の墓 by がらん
garan
加藤侯舊里碑(木版墨摺)
※現存の碑は下1/4ほど剥落して碑文が失われているが、明治ころの木版墨摺を得たので翻刻してみた。
加藤侯舊里碑
方織豐二公起我尾張也、國内熊乕之士、會風雲者盛哉、時乎時則有若藤侯矣、以豐公邑子結髪従軍、威忠勇従撃越師、先登賜爵邑芸主計頭、公欲征韓、唯象可以任焉封諸熊本使將前軍、於是擣慶尚道陥之取王京、窮追王子于鏡北道俘之、進伐女直燒其城、襲臨津、破安康、晋州未下、侯造龜甲車衝之、斬首六萬、明救軍十餘萬圍我師于蔚山、侯以兵五百入守夾撃大破之、侯所至敵人必駭奔、曰鬼将軍来矣、侯恩諸俘其放還之、泣謝且誓曰、象慈如佛、若負之者不復為人矣、石・西二奸構侯於公、公怒或勸與石和、不然必斃杜郵、侯曰、吾豈交權奸者哉、吾死耳、卒以誠忠解、公薨石作亂、諸藩黨之海西大擾、侯獨為 東都攻降諸城、亂平即封肥後、初侯與豐公生愛智郡中邑、公定山東還、侯自熊本邀之岡崎曰、公威今加海内請歸故郷是晝錦也、又遣人與金邑人供具、公過與父老置酒極驩而去、後侯毎朝 東都亦必過見邑人老者則曰、是某之父耶、子弟無恙、幼者則曰、是某之子耶、父兄無恙、蓋自侯為神、今已二百年矣、故畧記邑老所傳勒之片石、然竟不若口碑也、或曰象方諸關壮穆何如、曰關通春秋侯、好論語皆古之英
賢也、銘曰、
 熱田西門鎮皇暎霞 維侯所修  國城五層金鱗躍雲 維侯所功  嗟侯之忠 大造于父母之邦哉
碑陰記  尾張儒臣 秦鼎 撰
侯幼孤年五歳依豐公于長濵、已長屢立大功、天正十六年封食熊本廿五萬石、慶長五年石賊滅、 賜益封数十萬石、定食東肥七十餘萬石、侯諱清正、盖藤兼平公之裔也、其家中邑在父祖時云、以永禄五年六月廿四日生、慶長十六年六月廿四日卒、横行三韓前後七年、圉與邑人謀勒碑文、常滑松本三綱捐資買石、且曰、惟侯忠勇善善惡惡礌々落々、如掲日月行神威、萬古在顔豈不盛乎、皆曰兪、
文化庚午冬十月日 丹羽勗書
親マップ: 加藤侯旧里碑 by がらん
winecolor
2019/5/16にNHK総合で放送された「日本人のおなまえっ!/埼玉ダサくないスペシャル」で見ました。
「おせんさん」と言うそうです。
winecolor
>bohdaiさん

写真の登録ありがとうございます。
現地確認したので写真の登録を行いました。
winecolor
2019/5/8にフジテレビで放送された「世界の何だコレ!?ミステリー2時間SP/意外な日本!謎を大追跡9連発/鑑定!謎の文字が書かれたハンコ伝説の武将の孫のもの?その価値は?」で見ました。
winecolor
2019/5/8にNHK総合で放送された「歴史秘話ヒストリア/自由は死せず反骨の政治家板垣退助」で見ました。
親マップ: 板垣退助像 by pbh16
winecolor
2019/5/8にNHK総合で放送された「歴史秘話ヒストリア/自由は死せず反骨の政治家板垣退助」で見ました。
親マップ: 板垣退助 銅像 by 転ぼ
winecolor
2019/5/8にNHK総合で放送された「歴史秘話ヒストリア/自由は死せず反骨の政治家板垣退助」で見ました。
winecolor
2019/5/9にNHK総合で放送された「日本人のおなまえっ!/相撲が国技と呼ばれるワケ」で見ました。
親マップ: 谷風像 by KAYU
winecolor
>がらんさん

タグの貼付ありがとうございます。
winecolor
>なると4さん

確かにその通りですね。
もしかしたら両方の作者は違うかもしれません。
winecolor
>なると4さん

ご指摘ありがとうございます。
位置は修正しました。
garan
SEIWA ビーナス
route507さま こんにちは
 ぼくも車で通りがかった時におしりだけちらっと見えました。
親マップ: SEIWAの中 by route507
garan
こんばんは 「大和長谷寺化主 祐俊」とあるようですので中川祐俊(~2005)さんのタグ貼りました。
なると4
winecolorさんと逆アングルの写真を追加しました。
なると4
winecolorさん

偶然ですが殆ど同じアングルですね。ビックリです。
親マップ: 藤堂高虎像 by winecolor
なると4
阿形は、吽形にくらべて何かスマートですね( ´∀` )
なると4
今治城(愛媛県今治市)2019/11/30
征清軍人戦没之碑 (http://hizou.30maps.com/map/186981 ) と位置が逆のようです。
修正しいただければと思います。
なると4
今治城(愛媛県今治市)2019/11/30
紅葉がきれいでした。
親マップ: 矢野七三郎像 by winecolor
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 82 |