コメント一覧

Total: 3,577
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ..... | 72 |
winecolor
2018/2/19にNHKBSプレミアムで放送された「TOKYOディープ!/南千住/伝説の東京スタジアム」で見ました。
親マップ: 昇華 by nama.e
winecolor
写真を追加しました。
約10m移動していました。
garan
・岩瀬氏奕世之墓
岩瀬氏本姓藤原、高祖諱氏忠、始仕江戸幕府、経氏盛、忠兼、忠香、忠英、忠福至忠正、無子、養設楽氏、配以其女、以為嗣、是為爽恢府君、府君諱忠震、通称修理、号蟾洲、又鷗所、歴徒頭目付擢為外国奉行、叙従五位下任肥後守、文久元年七月十一日病卒、享年四十有四、有三男六女、男皆殤、族子忠升承後、又無子、岩瀬氏竟絶、歴世墳墓在小石川蓮華寺、会官拓市区、塋域当毀、漸与知旧謀ト地于雜司谷村、以改葬、因勒石誌其事由云、
明治四十二年十一月 甥本山漸謹記
・淡順院殿正日寧大居士
淡順岩瀬府君墓表
余以與君之義子諱忠震為友于之交也、有知君之平生焉、君性恬淡温順、與義子忠震相親睦、而令孫忠斌為□□□愛、辛酉之夏忠斌病歾、忠震亦尋歾、君痛悼不□□病顚綿、自知不起、乃養岩瀬氏善第三子忠升為嗣、未幾而瞑焉、可哀也、君諱忠正、岩瀬氏、称市兵衛、考市兵衛諱忠福第二子、母石津氏、文化九年承家、十二年為書院番士、嘉永五年為書院番組頭、叙布衣、安政三年転先手、以文久元年九月廿八日卒、距生寛政六年十一月十一日、享年六十有八、諡曰淡順、葬於小石川蓮華寺、室神尾氏女、有六男九女、男皆夭、長女配義子忠震、先歾、一女適榊原政陳、余皆夭、
 文久二年壬戌五月圖書頭林晃撰  關研拝書
・従五位下肥後守爽恢岩瀬府君之墓
文久元年辛酉七月十一日卒
winecolor
2018/2/13にNHKEテレで放送された「知恵泉/しがらみから独立~福澤諭吉 新しい世界の切り開き方~」で見ました。
winecolor
2018/1/30にNHKEテレで放送された「知恵泉/幕末 孤高の挑戦者 佐久間象山 空気を読むな!」で見ました。
親マップ: 佐久間象山像 by winecolor
winecolor
2018/2/11にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
garan
いひかわさま こんにちは
 十七景、それぞれスレ立ててみました。位置のはっきりしない個所もありますが、おおよそ見当違いではないと思います。ぜひ画像のご登録を。
garan
「咸臨丸記念碑」釈文
食人之食者死人之事 従二位榎本武揚書
(碑陰)
王政維新之歳秋八月、徳川旗下諸士隊卒私有所誓駕・開陽・回天・咸臨・蟠龍・千代田・長鯨・美加保・神速諸艦、同發品川灣、北赴仙臺、到房總、海猝遇颱風、各艦離散相失、咸臨監截其大檣、纔免覆没、更案鍼路再圖北駛、而暴風又起漂蕩南洋、艦體毀損不能遠航、遂入駿河清水港、卸桁鮮綱欲畧加修理、而北、官諜而知之、遣富士山・武藏・飛龍三艦來擊發砲甚急、飛龍艦兵執劔銃超入艦中、艦之副長春山辨藏・士官長谷川得藏・准士官長谷川清四郎・春山鑛平・加藤常次郎・今井幾之助・及水兵若干、格闘死之、實九月十有八日也、 官艦曳咸臨以去、而死屍浮海累日、無人敢斂之者、土人山本長五郎俠士也、夜索港中、得七屍、竊載至向嶋、埋古松樹下、建石表之題曰、壯士墓、今茲舊友相謀建碑於清見寺内、具記其顛末、以傳不朽、系之以銘、其辭曰、
 是義人 是頑民 奨曰主節 貶曰吠尭 要之壯士 可以興世風之曰澆
明治十九年三月、元老院議官従四位大鳥圭介篆額 墨水逸士七十一翁永井介堂撰并書
親マップ: 咸臨丸記念碑 by がらん
いちかわ
いえいえ、たまたまたくさんのタグが目に入って、南湖あたりの写真ならあるかもと、探したついででした。
南湖のまわり一周して、十七景それぞれの場所にも石碑が立っていて写真も残してるのですが、正確な場所がわからないので、マッピングはできません。
garan
猿橋猿橋猿橋 南から
猿橋画像 天気の悪い朝でした
garan
天野貞祐落款印
SASANOさま おはようございます
 メモとタグを加えました。落款部分の画像を貼ります
garan
いひかわさま おはようございます
南湖・白河関一連の画像ありがとうございます。
名碑をたずねて行ってみたい場所でした。
K-R
がらんさま

画像どうもありがとうございました。
garan
garan
白河關古歌碑文;
便りあらば いかで都に つけやらむ
 今日白川の 関はこえぬと  平兼盛
都をば 霞とともに 立ちしかど
 秋風ぞ吹く 白河の関    能因法師
秋風に 草木の露を はらわせて 
君がこゆれば 関守もなし   梶原影季
親マップ: 古歌の碑 by がらん
garan
御蔭松碑陰文;
是歳巳卯皇太后宮行啓於伊香保之温泉、七月十七日車駕發京往返由此道、時屬盛夏掃松下以休車駕矣、既而土人建石命松曰御蔭、
請慱房卿詠、屬余書題額、慱房卿以本官從駕、余即管地方、卿之詠・余之題皆不可辭者、碑成矣、併記其事於碑陰、亦出土人之意云、
明治十二年 秋九月   群馬縣令  楫取素彦  撰並書
親マップ: 御蔭松歌碑 by がらん
winecolor
精油所構内の像の近くでの撮影は許可して貰えませんでしたので、外から金網越しに撮影しました。
丸善石油の頃からある名称不詳の古い像で、働く男性をモチーフにしているとのことです。
親マップ: 男性像 by winecolor
garan
七曲井脇の不老川
ここも立ち寄っていました。説明板にある不老川の画像貼っておきます
K-R
がらんさま こんばんは。

ご丁寧にありがとうございます。
私のは12月の夕方撮影です。がらんさまのは午前中でしょうかね。
同じ場所でも朝と夕では全く雰囲気が変わりますね。

石造物は他にも記念碑などがいくつもあったと思います。
撮り切れませんでしたので、主だったものだけを撮影し登録しました。

garan
K-Rさま おはようございます
 画像ありがとうございます。堀兼井を訪問した時に立ち寄った神社です。スレ立てたままでしたね。ぼくの画像も少し引いてますが同じようなアングルです。太陽位置が違いますかね。隣の幟枠込です。この神社にはほかにも石造物があったと思います。
K-R
写真を2枚追加致しました。
K-R
写真を登録致しました。
garan
清水信のことば
・人の拙を責めるな 自らの稚さを認めよ
・生を知らぬ生、虫よ草よ万歳
・一意専心
・字は下手な方がいい、暮しは貧しい方がいい
・さよならだけだ人生だ
・ドン・キホーテの如く進み ハムレットのように停まる
・表現とは中身がにじみ出ることだ
・女は百合、死ぬまで花 男は一生糞ころがし
garan
ちょっと残念な説明板です。「諱」は「キ、いみな」とよみます。末文も「撰・書」「撰ならびに書」としたいところ。鉄斉も当用漢字制限のころならまだしもせめて鉄斎としたい
winecolor
2018/2/3にNHK総合で放送された「ブラタモリ/有馬温泉」で見ました。
garan
バイパスの方を通るので、ここと隣の春日神社は時間があればと思いつつ、いつも鎮守の杜を眺めながら通過です。
書がうまい人は多くても碑文まで書かせてもらえる人は少ないと思います。「市川進」の書丹を東京上野公園で見かけた時はさすがに驚きました。隷書が得意だったんでしょうか隷書碑をよく見かけます。
いちかわ
とあるウォーキングイベントの下見で訪れ、後に同行していた郷土史の先生が、「市川進氏とは、塔南と号する三重県では有名な書家だったようだ」と教えて下さいました。
その後、「市川塔南」でweb検索してみたら、がらんさんのマッピングがたくさん引っかかりました。いつもながら恐れ入りました。
いちかわ
とあるウォーキングイベントの下見の為、多奈閇神社の表参道を訪れた時、偶然発見しました。私的には結構な発見だったので、そのイベントで一緒に紹介してはどうかと提案したのですが、却下されてしまいました。
親マップ: 花山大安墓 by いひかわ
いちかわ
ありがとうございます。喜んで頂けると一層励みたくなりますね。(笑)タグ付けは、私の知識では足りないので、本当にありがたいです。
こちらのお寺は、普段観光対応していない筈なので、墓参りだけでもできるかどうか不明です。貴重な機会でした。
親マップ: 池大雅墓 by いひかわ
winecolor
地元のテレビ局で取り上げられたこともあるレトロな自動販売機です。
自販機マップの方に登録すべきなのでしょうが、自販機マップには参加していないので、こちらに登録しました。
winecolor
2018/1/29にNHKBSプレミアムで放送された「TOKYOディープ!/寺町・池上/風情ある街に小旅行!」」で見ました。
親マップ: 力道山の胸像 by がらん
winecolor
2018/1/28にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
winecolor
2018/1/28にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
親マップ: 島津斉彬像 by winecolor
winecolor
2018/1/26にNHKBSプレミアムで放送された「新日本風土記/有明海」で見ました。
親マップ: 徐福之像 by winecolor
garan
いひかわさま おはようございます
いい碑のUPありがとうございまっす。この碑は名家の墓であるばかりでなく、篆刻家の高芙蓉が素晴らしい題字を書いています。また蕉中大典の撰文と聞いています。はじめ柴野栗山に撰文の依頼があったが、大雅の面目を表現しきれないと断ったらしいです。
伊勢の漢詩人の墓所の案内もありがとうございます。
タグをつけさせていただきました。
親マップ: 池大雅墓 by いひかわ
いちかわ
この道、よく通るので、通る度に必ず目で追ってました。無くなった時はかなりショックでした。
原因は知らないので、今度知ってそうな人に会ったら聞いてみます。

瀬古泉のモミジも同様に、通る度注目してるんですが、随分樹勢が弱まっているような気がして心配しています…。
garan
葛西因是(儒)と萩野庄兵衛(漆芸)の墓所(未確認;『東京掃苔録』)
garan
なぜ(´;ω;`)? 貴重な画像をありがとうございます。
garan
原芸庵墓 碑文ほか
・原芸葊先生之墓 此墓碣久歸石工之手、頃日會員聞而購、更達天德寺中舊墓地、旦附以金若干、約寺主使永世保存之云、于時明治三十三年七月  東都歸墓會 印;歸墓會印
※原雲庵
『江戸町年寄系譜(岩瀬文庫蔵)』の北村氏系譜中に「安永四年乙未閏十二月四日/玄宏院芸菴居士/俗名原芸菴 名医ナリ」
親マップ: 原芸庵の墓 by がらん
いちかわ
再度ご教示ありがとうございました。
これまで何十年、何の感慨もなかった新興住宅地の山裾が、俄然興味が湧きました。
いちかわ
伐採されてしまいました。多分、ここ一年内の事だと思います。虚しく柵と本説明板が残ります。
winecolor
2018/1/13にTBS系で放送された「世界ふしぎ発見!/新発見の手紙が物語る!龍馬暗殺」で見ました。
親マップ: 松平春嶽公像 by pbh16
garan
もう少し上(東北)の出っ張った山すそです。一番上の田んぼの上の林に少々の平地があったと覚えています。位置の出どころも忘れちゃいました。神田小学校がまとめた郷土研究の冊子かな?
笠付の墓は守一庵の墓を見に行った時の画像に紛れてないかと探してるんですが、何時撮ったのか忘れちゃってちと見つからず。デジカメ以前かな?でも銘文がなければ記録してないかも。
いちかわ
お久しぶりです。なかなか参照するばかりで登録をさぼっています。
ご教示通り、東員町史を見てみましたら、思いっきり載ってましたね。(^^;しかも予想以上に詳しくて驚きました。仏像や位牌まで遺っているとは。
「守一庵」は、現在の中古車販売店の辺りなんでしょうかね。全く想像できません。

ストビュー、載ってますね。ご存知ないということで残念ですが了承致しました。実は墓地が移転改修されたあとも、暫くは残ってました。「ああ、よかった。ちゃんと移設してくれた」と安心したのも束の間、いつの間にか見えなくなって、慌てて確認しにいったらもう無くなっていました。

garan
いひかわさま おはようございます。ひさかたです
たしかにGマップで見るとすっかり様子が変わっていますね。ともあれ無縁であろうこの二基が残ったのは幸いです。文化的意識の高さを感じます。

すぐ近くの笹尾西交差点をネオポリスの方へ北上する坂の東側を小字「三百坊」、その背後の高地を小字「経ヶ峰」と言いました。そして今の東員駅の西、戸上川のほとりの丘に後世員弁寺と呼ばれる遺跡があって、そこは小字「小金塚」と言って古代瓦が出土したことがあるそうです。この員弁寺は『作善日記』にも見える子院僧坊三百坊を数える大院で、その三百坊の尽きる地を「三百坊」と言ったそうです。

この二基の墓は江戸末三百坊にあった通称山寺という尼寺の庵主さんのもので、二人は附近の子女に読み書きを教えて昭和のころまではその教えを受けた年寄りも残っていたそうです。
この墓の記録は『東員町史』下巻578頁~にあります。三百坊・経ヶ峰・菊若・青木・蛇池といった地名の由緒となりそうな話は孔版誌『風土記聚拾綴』に収められた「員辨寺北院三百坊舎由來記」に見えています。

笠付の墓石はちと記憶にありませんが2013と2014のストビューに小さく写っていますね。この辺ではあまり見かけないタイプです。お役に立てず。ではまた

garan
korapisiさま 画像ありがとうございます。
確かに簡体字ですなっというか、簡体字の東が草書からできてるんでしょうね。
この道標の前は東海道歩きのお付き合いで通っているんですが、見落としたのか手元に画像もありませんでした。
親マップ: 東海道 by korapisi
写真のせてみました。
「東」が簡体字になっています。
親マップ: 東海道 by korapisi
いちかわ
鳥取沢墓地は、道路拡張の為、ちょっと前に全体的にちょっと南東方向にずれました。その際に綺麗に整備されたのですが、こちらの墓は隅にちゃんと残っていました。私は、別目的でこの墓地を訪れ、この尼僧の墓を見つけてどういう由緒があるのだろうと思ったものです。何かの文献に載っているなどご存知でしたらご教示願いたいです。

で、さらについでなんですが…。元々この墓地を訪れた本来の目的は、一つだけ笠付きの墓が目立ってあったのを昔から目にしてて、いずれ誰の墓なのか調べよう調べようと思っているうちに、上述の墓地整理によって改修、多分どこかの一族の墓に合祀されてしまったようで見つけられませんでした。今となっては誰の墓なのかわからず大変心残りです。ご存知でしょうか?
K-R
写真を1枚追加しました。
winecolor
>がらんさん

ご指摘ありがとうございます。

「にっぽん縦断こころ旅」のHPで確認したところ、火野正平&スタッフは那智駅から紀伊田原駅まで輪行をしているので、
駅名を勘違いして登録してしまいました。

誤登録ですのでこちらは削除します。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ..... | 72 |