コメント一覧

Total: 3,772
| 1 | ..... | 68 | 69 | 70 | ..... | 76 |
parurun
 いーえむえむさん 馬頭観音は観音菩薩の変化身だったのですね。

供養や感謝の念がこれらの碑に現れているということでしょうか。
親マップ: 馬頭観世音碑 by parurun
いーえむえむ
調べてみたところ作者と銘が分かりました。
この彫刻、今井祝雄という方の「NSストーンズ」という作品だそうです。今井祝雄山の作品には自然石を組み合わせたものがいくつかあるようです。
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/~tetsumar...
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/lite/rea...
いーえむえむ
本来、馬頭観音は観音菩薩の変化身の一つであり、唯一の「憤怒の形相の観音様」です。
「馬頭」はサンスクリット語の直訳でヒンズー教の最高神「ヴィシュヌ」の異名だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/馬頭観音
と言う事で、本来は馬とは直接関係がないのですが、仏教における「六道」のうちの畜生道を司るとされることと、「馬頭」という名前から、馬や家畜の守護神とする民間信仰が生まれたようです。
少なくとも牧場、競馬場、家畜市場と言ったところ(あるいは過去にそれらの施設があったところ)にある馬頭観音碑は家畜の慰霊碑として建てられている可能性が高いんじゃないでしょうか。
親マップ: 馬頭観世音碑 by parurun
parurun
いーえむえむさん 馬頭観世音は馬の慰霊碑なんですね。
北海道に限らず、昔は馬や牛は生活には欠かせないパートナーだったのでしょうね。
親マップ: 馬頭観世音碑 by parurun
miz0001
いーえむえむさん
銘らしきものは見当たりませんでした
アート作品っぽいのですけどね~
いーえむえむ
こういう文字だけ彫り込んである馬頭観音の碑は馬の慰霊碑ですね。
親マップ: 馬頭観世音碑 by parurun
郵便局好き高校生
ちゃんと確認してなくてすみませんです…。
いーえむえむ
ちゃんと確認した方が良いと思います。
あと、タイトルがそれで妥当なのかどうか?写真中の「南無大師遍照金剛」と書いてあるものは賽銭入れなので。
郵便局好き高校生
金剛力士と建物に書いてあった気がしたのでてっきり中に金剛力士像があるもんかと思ってましたが、もう一度確認してきます。

南無大師遍照金剛=御宝号という認識でした。間違ってたらすみません...。
いーえむえむ
庭石としては不自然な積み方ですし、人工的な部分(丸く削ってあるところ)もあるので、単なる庭石では無いでしょうな。
あとはどこかに銘が書かれているかどうかですが…
いーえむえむ
金剛力士像はどこにいらっしゃるのでしょうか?それと、「南無大師遍照金剛」とは何かご存じですか?
katoumannzu
「命二つ 中に活きたる フジカラーいや、きどカラーいや、さくらカラーいや、桜かな」 小学校で使われたギャグです。
miz0001
オブジェかただの庭石か・・・
miz0001
白っぽい方の句碑は上島鬼貫
『後の月  入りて貌(かお)よし  星の空 』
黒っぽい方の句碑は小西来山
『涼しさに  四つ橋を四つ  わたりけり』
http://tenyusinjo.web.fc2.com/sinmat...
より

winecolor
狛犬(阿)はいませんでした。
winecolor
ほとんど顔出しです。
winecolor
> いーえむえむさん

位置の修正と、写真の追加ありがとうございます。

七高跡の像に比べたら小さかったんですね。
すっかり忘れていました(笑)
親マップ: 四高記念碑像 by winecolor
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。像は意外と小さいです。
親マップ: 四高記念碑像 by winecolor
いーえむえむ
目が6つ、鼻と口が5つ…夜に見るとかなり怖そうな。
親マップ: WISDOM by いーえむえむ
parurun
いーえむえむさん 大変お世話になっております。

 公園の目立たない場所に建っているのに、かなりの人物だったようですね。


 私も少し調べてみました。
父は http://hizou.30maps.com/map/2828 で顕彰されている、木下弥八郎。
弥八郎の長男として慶応元年(1865)年に但馬国(兵庫県)豊岡で生まれたそうです。

 いつもながら、補足いただきましてありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
いーえむえむ
調べてみたところ、木下氏は元衆議院議員で、帝国美術学校(のちの武蔵野美術大学、多摩美術大学)の校主(今で言えば理事長か?)であったようです。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/mn...
http://www.musabi.ac.jp/outline/hist...

また、像の制作者は朝倉文夫という方で、高村光太郎と並び称される彫刻の大家であったものの、作品のかなりの数が戦時中の金属供出で失われてしまっているようです。
像の設立の発起人には近衛文麿元首相もいる模様。
http://nakajimapark.info/yagaichouko...
http://ja.wikipedia.org/wiki/朝倉文夫
katoumannzu
なるほど。腑に落ちたです。
winecolor
いーえむえむさん

コメントありがとうございました。
そういえば、これも似てますね。
http://hizou.30maps.com/map/8226

松山市内ではあんまり「飛び出し坊や」を見かけないので、どれぐらい分布しているのか調べてみようと思っています。
親マップ: 飛び出し坊や by winecolor
いーえむえむ
その飛び出し坊やはリバーシブルがデフォだと思ってました。
初見は高岡市内ですが、今や石川県内でもあちこちで見かけます。
つか、市販品で全国津々浦々にに同じものがムチャクチャたくさんあるのであんまり対象として考えたくないシロモノですが。
親マップ: 飛び出し坊や by winecolor
winecolor
「飛び出し坊や」と「飛び出し花子」がリバーシブルになっていました。
親マップ: 飛び出し坊や by winecolor
愛河リエイ
チェックし忘れましたが、裏には種田山頭火の俳句が彫ってあるという事です。
愛河リエイ
どうでもいいことですが、自分は柏木幸助さんの兄弟の子孫になります。ただ、全くといっていいほど付き合いはありませんが・・・
いーえむえむ
写真を追加しました。
親マップ: 三文豪像 by route507
あー確かに…この辺りは畑が多いので、その可能性は高そうですねえ。
いーえむえむ
文章が刻んであるからまさに碑(いしぶみ)ですわ。
愛河リエイ
藤井輝昭さんがどういう方だったのか調べてきました。戦時中、学生だった藤井さんは戦争に関連する穴(防空壕のようなもの)を掘っていた際、土砂が崩落して亡くなられたということです。
愛河リエイ
かつてこの地に防府図書館がありました。
愛河リエイ
本日また図書館で調べてきました。牟礼地区の方々(この碑がある地区の人間)が定期的に刊行している歴史本がありました。
そこでは極楽寺の境内を現すものか、参道として置かれたものか詳細はわからない、元々この場所ではなく4,5メートル北に設置されていたと
紹介されていました。地元の方もこの碑がどういう経緯で置かれていたかわからないということでした。

本文内で「碑」と使われていたので碑のままでもよいのかと思われますが、このひとつの碑だけでいろいろとご意見を聞けることができました。
いーえむえむ
開墾記念?
いーえむえむ
中継所内に石碑を入れたのか、はたまた石碑のあった場所に中継所が作られたのか…
どうして中継所内に石碑を入れちゃったんだろう…碑文を読みたくても近づけないから読めないよ><
いちかわ
本来は、禅宗(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗など)の寺の入口(山門や参道)の前に置かれた注意書きなのは間違いないと思います。ただ、リンク先などの記事や地図を見ると、なるほど、大光寺観音堂が大平山の麓にあったというなら、結構離れてますね。それならば、参道として使われてる道が、この場所から分岐していたのかもしれません。そういう意味合いから、山陽道を行く人々に対して、「寺はこっちだよ」と示す=道標という解釈になったのかもしれませんね。

そもそも道標の定義が私はよくわかってないのもありますが、普段この碑を見たら道標とは思わず禅寺の入口なんだなと感じます。道標に定義できないという根拠が見つかれば楽なんですが、「道標として使ってた」って土地の人に言われれば難しいですよね。(^^;

あと、本来の役目を終えた後(例えば廃寺になったとかで)道標に転用されることは、ありえることのようなので(移設もあり)、その可能性も捨て切れませんね。その場合は側面なりになんか書いてあるとは思いますが…。

なんにしろ、こんなケースの設置もあるのかあと興味深いです。今後も出てくるかもしれませんね。(^^
どうもこれは太子塔と呼ばれるものらしく、聖徳太子を祀ったものみたいですねえ。
http://park23.wakwak.com/~hotaru2/ta...
石碑と壁の間が狭くてコンデジの液晶が見えないという…(バリアングルでもかなり厳しいはず)。
という訳でやたらと枚数多いです。
愛河リエイ
本を編集したのは自分ではないのでそのあたりは良く分からないんですが、自分は詳しくないのでなんともいえませんね。
市内の歴史の本は他にも図書館にいくつかあったので他の記述も確かめてきます。
この画像はこちら(東京市道路原標http://hizou.30maps.com/map/5578 )の近くじゃありませんか?
日本橋のど真ん中には、このような碑は存在しません。
親写真: 里程標 by onmitu11
いーえむえむ
うーん、どの程度お寺の歴史に詳しい方が書いたのか、そもそも「道標」とはどういうもののだと認識していたのかが非常に疑問。
横に「大光寺はこっち」と言った感じの事が書いてあればまぁ納得できるんですが。
愛河リエイ
山口県教育委員会が作った山口県の山陽道の史跡に関する本によると、この碑は「道標」であると写真とともに記されていました。
地名で区別するのが大変になってきたので、付近の建物とかお店の名称を(試験的に)使っています。
katoumannzu
小学校の時近所の神社にこんなもんがあったら朝夕の登下校時に「お尻!お尻!痴漢!」と必ず触って騒いでた、そんな子供だった。他の事には物静か気味やったけど。
親マップ: 白坂神社 by 加藤まんず
winecolor
写真を追加しました。
winecolor
>いひかわさん

コメントありがとうございました。

草書や摩耗は解読不能のケースがありますが、難しい漢字は漢和辞典を引けば分かりますね。
最近はネット検索でより簡単に分かるようになっていますから、労を惜しまず調べようと思います。
いちかわ
いえいえ。やっぱり枚数撮っといた方がいいですもんね。いらなければ後でどうとでもなりますが、無いもんは読めませんから。笑
私はよく面倒臭がって、適当にとると、どの画像にも写ってない箇所があったりして泣きます。
いちかわ
一番右のは諸葛瞻の瞻っぽいなって思ったらそうかも。しょかつせんのせんです。
文字の意味としては、「見ること」っぽいです。
| 1 | ..... | 68 | 69 | 70 | ..... | 76 |