コメント一覧

Total: 3,772
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 76 |
winecolor
写真を追加しました。
親マップ: 十河信二像 by winecolor
winecolor
写真を追加しました。
親マップ: 十河信二像 by winecolor
winecolor
2018/10/7にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
親マップ: 青年勝海舟 by がらん
winecolor
2018/10/7にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
winecolor
2018/10/1にテレビ朝日系で放送された「Qさま!!/江戸東京がよくわかる歴史のプロが選んだスゴい徳川将軍ランキングから出題SP」で見ました。
winecolor
俳句の里松山 三津コース11番 松尾芭蕉句碑「笠を舗て 手を入てしる かめの水」((碑文右)の見えにくい箇所)
(碑文右)の見えにくい箇所をアップしました。
winecolor
2018/9/29にNHKEテレで放送された「名曲アルバム/おばば」で見ました。
winecolor
2018/10/3にフジテレビ系で放送された「国分太一のおさんぽジャパン/埼玉県熊谷市」で見ました。
親マップ: 花園の歌 by route507
garan
※五筆とは五筆和尚=弘法大師空海。雲海は尾形氏。大師流四十三世。陽宜は諱か。書画集覧 次第不同 1889(明治22) 明治大見立改正新版書画集覧次第不同 1892(明治25)増補古今書画名家一覧 1911(明治44)に書家として名が見える。門人植竹雲邦(1871-不明)が四十四世となる。
winecolor
2018/9/23にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
親マップ: 鳥羽伏見戦跡 by korapisi
winecolor
2018/9/25にNHKBSプレミアムで放送された「にっぽん縦断こころ旅とうちゃこ版/761目北海道えりも町/東洋の海辺」で見ました。
親マップ: 御製碑 by parurun
winecolor
2018/9/25にNHKBSプレミアムで放送された「にっぽん縦断こころ旅とうちゃこ版/761目北海道えりも町/東洋の海辺」で見ました。
親マップ: 襟裳岬突端 by parurun
winecolor
2018/9/20にNHK総合で放送された「日本人のおなまえっ!/身近な病名の由来は?」で見ました。
親マップ: 谷風像 by KAYU
winecolor
写真を追加しました。

10年前と比べると背後の風景は変わっているようです。
winecolor
写真を追加しました。

前回見てからちょうど10年目でした。
winecolor
写真を追加しました。
親マップ: 小松帯刀像 by mckat
winecolor
2018/9/16にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
winecolor
2018/9/12にNHK総合で放送された「歴史街道ヒストリア/橋本左内と由利公正/知られざる維新の天才たち」で見ました。
親マップ: 橋本左内宅跡 by pbh16
winecolor
西条市の禎瑞地区は水田に囲まれた農村地区(航空写真参照)ですが、久米栄太郎之像だけでなく石井秋平氏之像(http://hizou.30maps.com/map/205490 )及び石川梅蔵之像(http://hizou.30maps.com/map/205510 )もあり、
偉人出現率の高い地区だなと思いました。
今頃見てすみません。確かに貼り間違えていますね。
親マップ: 無題 by parunas
garan
菊池海荘墓碑道標 2018.9
下のほうが剥落していました
garan
化粧地蔵尊化粧地蔵尊化粧地蔵尊
ご詠歌の額がありました
・奉納 西方地藏化粧地藏尊 玉鳳寺
はなのいろ さもあらば あれたまづさの
 たえぬひかりや ごぼさつのかげ  大正10
garan
佐藤氏祖先墓表
佐藤忠恕業已為定府於江戸、而其先高曽之塋皆在河内、武蔵之距河内百里而遠、春秋之祭無所展其墓、蒸蒸之思無由致其誠、於是乎乃立石於箕田長松寺中、以為望祭之表、即命其子貞卿謀余以志其事、余曰、佐藤氏其猶行古之道也夫、或曰、禮云、祭于墓非古也、古者墓不脩、然則佐藤氏或非邪、曰何為其不可邪、亦出人情之不可已也、周有展墓之儀、漢有上陵之禮、晉脩洛陽諸陵、陵墓豈不修而可乎、
皇朝有大事、則必使使者告橿原志賀之陵者、亦古之遺哉、且望祭者趙宋已有其事、臨安淨慈寺後營望祭殿差宮望祭西京諸陵、然則佐藤氏斯擧豈謂不然邪、夫墓祭雖云非古周已有之、今而視之豈不古乎、佐藤氏之果行古之道也、盖佐藤氏自永正間仕于 北條氏、為世臣迨乎、天正之季小田原不守祖主膳、君實従 松巗公於高野山同其辛蟄矣、慶長中 侯家改封于河内、主膳君亦従而家于狹山、爾來世世為河内人、而仲恕君以舊徳温厚、長者召至于江戸累勤積勞為 侯家老、故為定府云、貞卿名元良、好文而材克家之器也、與余同學于豐洲先生、憲己志其事因為之詩曰、
我孝我享爰思厥祖、厥塋安在河閖山阻、邈矣河内維 侯之封、我祖我曽式始式終、吾命于 侯爰遷于東、望祭雖遼靈鍳在天、神保是歆孝思攸宣鐫、斯貞珉視後不愆、、
文化丁丑冬十二月佐藤良忠立石
        駿河 山梨憲撰
        東都 町田救書
winecolor
写真を追加しました。

10年前と比べると、設置場所が移動していました。
親マップ: 西郷隆盛像 by winecolor
garan
徂徠物先生之墓
嗚呼大東物先生之墓也、嗚呼先生、復學於古、歸道鄒魯、博窮物理、立言修辭、德崇名垂不朽莫大焉、嗚呼先生出也、如日之也、乃影之及、無所不照其朦焉、嗚呼、實出先生天位可知也、其爲人其行状、弟子識矣、享保戊辰正月十九日、六十有三卒。姓物部、茂卿以字行、銘曰、
洋洋聖謨 世用惑久 天降文運 斯人云受 乃化乃弘 徽猷維厚 大業已成 日新富有 瑕其不壽 天奪斯人 匪天維奪 有司列辰 嘻我小信 瑕能孚神 盛德不朽 永于牗民
元文四年己未秋七月、門人朝散大夫藤忠統撰、源君岳書
(参考;中田勇次郎 「本多猗蘭侯と荻生徂徠」 - 大手前大学・大手前短期大学リポジトリ)
親マップ: 荻生徂徠の墓 by がらん
garan
お疲れさまでした。石碑といえども減ってくもんなんですね。
ネット上で調べて判った秋田市内の石敢當のマッピングを終了しました。
全部で21ヶ所(現存19、消失2)ですね。
なると4
大師堂の側にあったが、いまは切り株だけが残っている。
この切り株に腰をかけると腰痛に霊験あらたかという。

(四国八十八ケ所霊場会公式ホームページより http://www.88shikokuhenro.jp/ehime/5... )
winecolor
写真を追加しました。
親マップ: 天璋院像 by pbh16
winecolor
写真を追加しました。
garan
本郷給水所公苑
鳩の群像に混じって餌やりのお父さん
親マップ: 『道標・鳩』 by がらん
garan
コメントありがとうございます
winecolor
2018/9/1にテレビ朝日で放送された「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団/48国・地域に調査!外国人914人に聞いた尊敬する日本人ベスト50」で見ました。
winecolor
2018/8/30に読売テレビ系で放送された「秘密のケンミンSHOW/群馬県民の真実/モロヘイヤ仰天の常識」で見ました。
親マップ: 新田義貞公像 by parurun
なると4
気をつけていたのですが重複マッピングしてしまいました。
削除ができないため、とりあえずここへ移動しておきます。
なると4
長~い五輪塔のような塔です。
正式名称はなんでしょうか?
親マップ: 塔(南光坊) by なると4
なると4
日本遺産「四国遍路」 四国霊場第55番札所 南光土寺 Nankobo

 弘法大師空海ゆかりの霊場を巡る四国遍路は、四国を全周する全長1,400kmにも及ぶ壮大な回遊型巡礼路であり、1200年を超えて発展継承され、今なお人々により継続的に行われている。地域住民の温かい「お接待」を受けながら、国籍や宗教・宗派を超えて行われる四国遍路は世界でも類を見ない巡礼文化であり、2015年に日本の文化・伝統を語るストーリーの1つとして、日本遺産に認定された。
 第55番札所の南光坊は、別宮(べっく)山と号する真言宗寺院。もとは大三島大山祇(おおやまずみ)神社の属坊の1つで、別宮が当地に勧請されると、のちに別当寺として南光坊も大三島から当地に移されたという。
winecolor
写真を追加しました。
winecolor
写真を登録しました。
winecolor
写真を追加しました。
winecolor
写真を追加しました。
winecolor
2018/8/26にNHK総合で放送された「西郷どん紀行」で見ました。
親マップ: 桂小五郎像 by Nightingale
副碑と重なっているので少し移動しました。
garan
ゆひもぐさま 諸々画像ありがとうございます。この夏は秋田一躍脚光を浴びましたね。見たい碑像が増えると思います。
 
写真とタグを追加しました。
写真を追加しました。この他、千秋公園・久保田城跡で撮影した写真も追加していきます。
なると4
碑文は下記を参照。
https://photos.app.goo.gl/rwmUdq6Lc6...
なると4
碑文は下記を参照。
https://photos.app.goo.gl/FTDypy33ek...
なると4
 越智孫兵衛墓
翁は、元禄時代の縣村庄屋で慈悲深く知恵優れ、郷土の発展、福利増進に努力して大功あり、お上の表彰を受けた。その時代、松山藩の農民は「七公三民」の重税に苦しんでいたが、翁の尽力により縣村だけは「六公四民」に免下げしてもらえた。
そのおかげで享保十七・八年の大飢饉の時も餓死者が出なかった。
元文三年四月二日に亡くなられた時、特に延命寺境内に葬り、今日まで毎年八月七日に感謝の慰霊祭を続けている。翁の顕彰碑は阿方公民館に建立されている。
         阿方文化連盟
なると4
 真念法師建立の標石
真念法師の出目は不詳であるが、元禄四年六月二十三日(1691)四国巡拝の途上寂となっている。五拾余年の間に二十数回霊場巡拝され、巡拝者の為に数々の慈善事業をされている。
道しるべ標石・札所間の里程・善根宿・四国遍礼霊場記、更に四国遍路功徳記(1690年記)等がそれである。この標石は四国に二十四基建立された標石の一つであり次の文字が記されている。
   為父母六親
   菩堤澄吟   別島也

 頓圓自覚法師碑
縣村の人、鴨狩りの名人半生に亘る。数々の殺生に或る日ふとした事からその愚行と世の無情を悟り心気一転自ら自覚と号し、四国霊場二十一回を始め全国霊場を順次巡拝して自ら犯した罪を償った。1735年日本廻国供養碑を阿方村坊に建立。

                      一七五四年一月十二日寂
                        阿方 川端・小沢家の人
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 76 |
home
// このページは、iPhone用のページです。
// PC版はこちら