犬塚(足摺七不思議)

なると4 | 2016/12/11 12:47
写真登録: なると4
場所に自信なし
高知県 土佐清水市 足摺岬
QRコード

コメント (1)

なると4
 犬塚(犬の墓) 足摺七不思議(十一番)
その昔、お坊様が「この乱世を立て直すため、一国一城の主となり生まれ来たらん」と言い、手の腹に南無阿弥陀仏と書いて握りしめこの断崖から身を投じたという。
そのお坊様を慕っていた一匹の犬が、この場所から動こうともせず、飲まず食わずひたすら待ち続け、ついに息絶えた。村人はその姿を哀れに思い、この場所に犬塚を建てたと言われている。
そののち幾百年が過ぎ、土佐藩は山内家となり二代目忠義公には手の腹に黒い生印があり、その言い伝えを知った忠義公は「自分はそのお坊様の生まれ変わりではないだろうか」と思うようになり、足摺山金剛福寺を深く信仰し度々参拝に訪れている。又、本堂・仁王門・十三重の塔など数多くのものを寄進している。それ以来金剛福寺は山内家と同じ丸に三ツ柏の家紋を頂戴している。