宮内義正翁像

winecolor | 2012/8/30 18:37
写真登録: winecolor
大正11年-平成23年(1922-2011)

平成10年(1998)建立

〔碑文内容〕

 宮内義正翁は、大正十一年七月二日、松山市高木町に生まれる。愛
媛県立松山工業学校卒業後、商工省京都輸出絹織物検査所に入所。
戦後、松山市役所に奉職した。
 昭和二十四年職を辞し農業に従事、柑橘栽培にひたすらたゆまぬ労
力を重ねた。
 昭和三十年、自園に於いて普通伊予柑の芽条変異芯を発見、これが
宮内伊予柑の誕生となった。
 色づきが早く、味の良い連年結果する特性を有し、昭和四十一年に
名称登録がなされた。
 時代の動向に沿い、増殖普及に貢献し、地域、愛媛県下はもとより
全国の柑橘産地に普及した。
 これら業績に対し、昭和六十三年、黄綬褒章受章の誉れに浴した。
 また翁は、平田町総代、共撰長、潮見農協、温泉青果農協の監事を
歴任すると共に、潮見社会福祉協議会会長を務めるなどその功績は偉
大である。
 温厚で高潔な資性と共に、永く歴史に伝えられるであろう。
 ここに有志相図り、偉業を後世に顕彰するため、この像を建立する。
                       平成十年五月吉日
愛媛県 松山市 平田町 11(JAえひめ中央平田)
QRコード

コメント (2)

winecolor
写真を追加しました。
winecolor
日本農業賞記念碑&宮内義正翁像
隣の日本農業賞記念碑を含めた全体像です。