日本農業賞記念碑

winecolor | 2012/8/30 19:19
写真登録: winecolor
昭和53年(1978)建立

〔碑文内容〕

平田共同選果組合は昭和十年に設立された桃桜杞等の
栽培を経て柑橘主体の経営となり大いに地区の発展
に寄与した。昭和三十年当町宮内義正氏普通伊予柑
園に於いて早熟豊産性の芽条変異枝が発見され宮内
伊予柑と命名、品種の優秀さにより昭和四十一年登録
品種となる。組合員七十五名はこれを至宝作物とし
て新植接木更新に精力的に努め宮内伊予柑の銘柄産
地としての確固たる地歩を築き他に産地育成の範を
示した。
時あたかも品種更新の□に当り一躍時代の脚光を浴
びるに至った。この功績により昭和五十一年井邦賞
昭和五十二年第一回日本農業賞日本農業祭農林大
臣賞受賞の栄に浴した。ここに受賞を記念して碑を建
て平田支部の益々の発展と団結を誓い後世に伝える。
   温泉青果農業協同組合平田支部
   昭和五十三年八月吉日建立
愛媛県 松山市 平田町 11(JAえひめ中央平田)
QRコード

コメント (1)

winecolor
写真を追加しました。