久米路橋(水内橋)の碑

がらん | 2017/12/13 09:00
久米路公園
・(和文)明治15 勝海舟誌(明治26建)
碑文はコメント欄へ
長野県 長野市 信州新町水内
QRコード

コメント (1)

garan
みすゝかる、信濃のくには、日の本の、くぬちのうちに、いやたかき、國にしあれは、峯そひへ、山かさなりて、久方の、雲井に近く、飛鳥も、翅をたわみ、あらかねの、巖踏行く獸すら、走るをなやみ、谷川はくるめき流れ、岸高く、削れるかへと、そはたちて、渡るはへなみ、ミちたへし所多かる、その中に、水内の橋は、神わさに、なれりと聞り、百傳ふ、岩根をとこに、いとくしく、かけし橋かも、萬代も、ゆヽきかたへは、安らかに、踏ならしつヽ、諸人の、ゆヽきかよひて、くさゝヽの、世をは經むらし、いやたかき、此みめくミを、しる人も、しらぬもなへて、神わさと、たヽて仰て、かけはしそこそ、 明治十五年四月、水内の里人竹邨氏のふみによりて 海舟山人勝安芳しるす