金光山碑記

がらん | 2018/4/16 07:20
鳴門市の金石文(阿波学会研究紀要)に「金光山之碑 鳴門市撫養斉田」とあります。
記憶です(現存せず) | 場所に自信なし
徳島県 鳴門市 撫養斉田
QRコード

コメント (1)

garan
金光山碑記
金光山在阿州撫養郷山雖甚高而廻眺佳絶殆冠闔州其西側萬山重畳南則近対木津神山遠揖眉山東側俯瞰鳴門之海潮水呑吐盤渦轟雷紀之諸山青螺高低列其右淡之羣嶂綿亘〓〓連其左側播洋百里翠浪畳而白帆飛昿如茫如足以駿目而洞心天保中郷之富人山西君幸安甚愛其勝乃造石仏八十有八箇分置於山之西面以擬空海師四国之蹤於是遙通之人羣而至焉後又捐数百金創一寺於山頭曰仙竜院〓集者将加衆也幸安為人直而有智倹而好施家素極貧幼善事父母稍長為泉氏之僕拮据能富其主家後自立貨殖終累巨又造大小賈船五十余隻以商於四方嘗山民苦旱艱食殊甚乃多賑糧活者数千人幸安好救人之急而不嗇財而家益富是其才之有超於衆者可推而知矣仙竜院工末全竣而幸安〓其子幸信能継其志営之而竜田保護田村義金秋田正興亦参助竭力竟以成焉間者正興義金来江東謁文於余欲立碑以記之因説其事甚詳余己奇幸安之為人而尤喜其山之勝乃経韓二子之言以記之
   嘉永甲寅陽月下澣 林司成家塾都講河田興撰 加藩市河三亥書并篆額
鳴門市の金石文(阿波学会研究紀要)
碑の所在は不明ですhttps://blog.goo.ne.jp/pjota12345/e/...