標石、供養碑(延命寺)

なると4 | 2018/8/26 21:14
写真登録: なると4
設置数:8
愛媛県 今治市 阿方 636
QRコード

コメント (1)

なると4
 真念法師建立の標石
真念法師の出目は不詳であるが、元禄四年六月二十三日(1691)四国巡拝の途上寂となっている。五拾余年の間に二十数回霊場巡拝され、巡拝者の為に数々の慈善事業をされている。
道しるべ標石・札所間の里程・善根宿・四国遍礼霊場記、更に四国遍路功徳記(1690年記)等がそれである。この標石は四国に二十四基建立された標石の一つであり次の文字が記されている。
   為父母六親
   菩堤澄吟   別島也

 頓圓自覚法師碑
縣村の人、鴨狩りの名人半生に亘る。数々の殺生に或る日ふとした事からその愚行と世の無情を悟り心気一転自ら自覚と号し、四国霊場二十一回を始め全国霊場を順次巡拝して自ら犯した罪を償った。1735年日本廻国供養碑を阿方村坊に建立。

                      一七五四年一月十二日寂
                        阿方 川端・小沢家の人