加藤侯旧里碑

がらん | 2019/5/21 07:55
写真登録: がらん
妙行寺
・加藤肥後侯舊里碑 
 碑陰記 秦鼎撰 文化7 丹羽勗書[臥00114] [帖]
愛知県 名古屋市中村区 中村町字木下屋敷
QRコード

コメント (1)

garan
加藤侯舊里碑(木版墨摺)
※現存の碑は下1/4ほど剥落して碑文が失われているが、明治ころの木版墨摺を得たので翻刻してみた。
加藤侯舊里碑
方織豐二公起我尾張也、國内熊乕之士、會風雲者盛哉、時乎時則有若藤侯矣、以豐公邑子結髪従軍、威忠勇従撃越師、先登賜爵邑芸主計頭、公欲征韓、唯象可以任焉封諸熊本使將前軍、於是擣慶尚道陥之取王京、窮追王子于鏡北道俘之、進伐女直燒其城、襲臨津、破安康、晋州未下、侯造龜甲車衝之、斬首六萬、明救軍十餘萬圍我師于蔚山、侯以兵五百入守夾撃大破之、侯所至敵人必駭奔、曰鬼将軍来矣、侯恩諸俘其放還之、泣謝且誓曰、象慈如佛、若負之者不復為人矣、石・西二奸構侯於公、公怒或勸與石和、不然必斃杜郵、侯曰、吾豈交權奸者哉、吾死耳、卒以誠忠解、公薨石作亂、諸藩黨之海西大擾、侯獨為 東都攻降諸城、亂平即封肥後、初侯與豐公生愛智郡中邑、公定山東還、侯自熊本邀之岡崎曰、公威今加海内請歸故郷是晝錦也、又遣人與金邑人供具、公過與父老置酒極驩而去、後侯毎朝 東都亦必過見邑人老者則曰、是某之父耶、子弟無恙、幼者則曰、是某之子耶、父兄無恙、蓋自侯為神、今已二百年矣、故畧記邑老所傳勒之片石、然竟不若口碑也、或曰象方諸關壮穆何如、曰關通春秋侯、好論語皆古之英
賢也、銘曰、
 熱田西門鎮皇暎霞 維侯所修  國城五層金鱗躍雲 維侯所功  嗟侯之忠 大造于父母之邦哉
碑陰記  尾張儒臣 秦鼎 撰
侯幼孤年五歳依豐公于長濵、已長屢立大功、天正十六年封食熊本廿五萬石、慶長五年石賊滅、 賜益封数十萬石、定食東肥七十餘萬石、侯諱清正、盖藤兼平公之裔也、其家中邑在父祖時云、以永禄五年六月廿四日生、慶長十六年六月廿四日卒、横行三韓前後七年、圉與邑人謀勒碑文、常滑松本三綱捐資買石、且曰、惟侯忠勇善善惡惡礌々落々、如掲日月行神威、萬古在顔豈不盛乎、皆曰兪、
文化庚午冬十月日 丹羽勗書