淡齋江島詩碑(再建)

がらん | 2013/6/12 09:49
写真登録: がらん
稚児が淵
・佐羽淡齋詩碑 文政5年(1822)巻菱湖題(剥離)及碑陰。昭和11再建、東京玉淵加藤豊書 [臥12051]
※野火により碑面剥落のため新刻。碑陰の詩佛書は当時の刻。詩佛書の旧拓は桐生市立図書館所蔵。
 碑文はコメント欄へ
神奈川県 藤沢市 江の島二丁目 6-22
QRコード

コメント (1)

garan
釋文
【碑表】 
佐羽淡齋         
瓊砂一路截波通 孤嶼崚梨屹海中
潮浸龍王宮裏月 花香天女廟前風
客樓斫膾絲々白 神洞燒燈穗々紅
幾入蓬雙諳秘跡 不須幽討倩仙童
東京 玉淵加藤豊書          
【碑陰】
淡齋佐羽芳字蘭卿、上毛桐生人、善詩嘗著百絶百律、今又将欲遍遊名山奇蹟、得詩刻石立百碑而後止、此其第一碑也、詩佛老人大窪行題碑陰、以督其成功云、時文政壬午秋九月也、
元碑曩為野火所燬其面剥落、今茲再建此碑遵父祖之遺志也、碑陰文字依旧存之、
昭和十一年五月  四世孫 佐羽興 佐羽總太郎