素山居士墓碑と説明板

がらん | 2013/7/13 09:10
写真登録: がらん
冑山共同墓地
・素山居士墓碑 安政4 寺門静軒撰 根岸友山書 釋光前建 永嶌金助鐫[臥13032][帖054]
釈文はコメント欄へ
設置数:2
埼玉県 熊谷市 冑山 127
QRコード

コメント (1)

garan
『素山居士墓碑』釋文 []・□は欠損不明部分

【表題】
素山居士之墓
友人靜軒居士書「良印」

【本文三面】
素山居士墓[碑]銘
今也佛法之[褒?]僧不學問、打鍾掌香已以給衣食耳、其既不學、誦經不解何義、肄儀不辨何理、莫有與蚩蚩民異者、然紫衣朱拂覇持伽藍坐大□□僕徒與士大夫渠禮何無□之甚抑□□□、素山居士、武州埼玉郡平方邨人、以有[廢疾?]幼為僧、性慈志高、住武州甲山地蔵菴、只讀書以樂焉、教授童穉諄諄不倦、意之所觸賦詩、遣興終身不求資格、西然老于塵外、盖惡紫衣朱拂可耻也、安政丁巳遇病以其四月二十四日寂、人壽五十、葬其庵域、法名曰法蓮社燈譽譽無譽礙光傳大德、予為文字之久久矣、乃為之銘曰、
 素山甘素、朱紫視塵、素履享報、超然脱塵
    靜軒居士撰  友山處士書  
    弟子光善建
           長嶌金助鐫字