寺門静軒の墓

がらん | 2013/7/13 09:50
写真登録: がらん
冑山共同墓地 根岸家墓所

巻物形の墓石。 釈文はコメント欄へ
明治元年没。嘉永二年の自記に根岸友山が後詞を加えた碑文[臥12033][帖055]


埼玉県 熊谷市 冑山 127
QRコード

コメント (1)

garan
『寺門靜軒墓碑』釋文
【題書】寺門靜軒先生之墓
【本文】
適來者夫子時也、適去者夫子順也、其去未可知其来莫非有事也、事之成者必有功於家於國而大則可廟、小則可誌、物亦有用乎人而後銘人而無用奚誌焉、静軒居士老矣將去乎順友人松本子邦謂之曰、子貧困如此、顧百歳之後、敝帷或不給、況碑碣我賻一石宜預自誌居士拝曰交義之厚死有餘感但得罪於國而不孝於家何誌之爲曰罪與不孝子之變也、誌於不可誌亦復變以變處變曷不可曰敬奉教矣、乃誌曰、居士以寛政八年生于江戸、幼孤育外家河合氏、既長不謹放縦家道頓寒始改志讀書稍覺有所會遂游四方、文政年間歸江戸投舊主上書書入不報慨然謂今儒雖賤杖書送生庶幾不辱先人褐衣以終不負舊主也、資宅下帳従游稍集、及天保八年以戯著嬰憲不得以儒立於世、於是自燠禾毀形不儒不佛、遂爲無用人、流移局促席不得煖今宜死然未死不知後來斃何地方、乃樹此存之于江戸、家譜曰祖廣瀬長門守諱義本、係新田左中将五世孫、正長二年長門君戦敗入三井寺自盡、其子諱義行東下屬佐野氏改氏寺門世住水戸云、居士誌時年五十四嘉永二年也、
靜軒先生諱胆字子温、其半生涯前記自筆之、尓後卜居妻沼、號両冝塾、又移熊谷郵、及老倦游謝客結廬冑山為終焉地遂歿、壽七十三、明治元年戊辰三月二十四日也、會戯著之責釋乃歸儒籍、今以其所自記為碑文、
         門人等建 根岸友山書[印][印]