22000碑像達成記念 小河内温泉之碑

がらん | 2013/11/29 17:10
写真登録: がらん
温泉神社 ダム湖より移転
・小河内温泉之碑碑 亀田鵬齋撰.・書、
釋文はコメント欄へ
東京都 西多摩郡奥多摩町 原 276
QRコード

コメント (1)

garan
「小河内温泉之碑」釋文
【隷額】武州多摩郡小河内温泉之碑
【本文】
山川淑麗之氣、鍾秀毓竒、融而為炎液温濤、滾々淙々、湧地上、其洗汚穢、蕩邪毒、以致生物壽世之用者、嗚呼亦偉矣哉、地誌法書所載、海内湯院二百餘區、而武蔵多磨郡小河内温泉、列等於其首、故老相傳云、昔有玄鶴、傷箭墜地、乃到于巖崖温泉沸渤之所、延頸承溜、其留者凡二日、肉隨瘉、箭隨抜、遂刷勁喬沖霄而去、里人始喩此地有神液、而啓其秘焉、因名之曰鶴湯、夫玄鶴雖仙種亦羽族也、羽族而先人而知温泉之有靈、人又隨鶴而啓靈液之秘矣、則神區靈域之顯晦、亦有時耶、寛文中、里老疏其原由、聞之 官、請開湯院、延四方浴者、廼挑壑缺竇、高下承之、疏濬延之、而温泉直墜泓中、湯院數區、倚池臨街、棊列左右、曲欄繞廊、疎櫺通風、以便坐湯者、此地也、西負甲斐、北擁秩父、重嶺崇嶽、環背挾腋而拱立、多磨河之流、潺湲鳴嗹、清明如玉、激湍淙々、言帶其前、浴者坐以觀泉石之竒、臥以望雲烟之變、非唯滌汚穢、蕩邪毒、破覡解夷、而袷諸患而已、亦足以濯胸中萬斛之塵矣、於是小河内温泉哄傳海宇、其扶輿仗策、呻吟吁嗟而來者、皆棄輿而走、放策而起、其神驗竒效不勝轎載焉、湯院主丹次友八、遠出於丹次比彦王之裔、世居秩父郡、爲一郷豪族、一日來告曰、山川至陽之氣、蓄精蘊竒發炎液、灑温濤、使生民滌篤軾瓦、脊痾以延其齡、造化之功用、豈不偉哉、父老曩披其幽、蹤而開此湯院者、盖所以答於天地生物壽世之仁之意也、欲得先生之言而傳之海區焉、於是記其勝殄、勒之於石、并告四方攬竒索窈之士云、
文政四年歳次辛巳夏至                   鵬齋龜田興撰并書 
佛庵中邨蓮題
      角太川世祥刻字
【碑陰】
小河内原の温泉といふ處にて
千代にほふ 鶴の出温泉や 夏しらず 
文政甲申五月 鶯邨抱一[押]   窪世祥刻