菅原利鑅先生之像

winecolor | 2012/4/12 00:27
写真登録: winecolor
明治24年-昭和?年(1891-?)

昭和30年(1955)建立


〔碑文内容〕

菅原利鑅先生胸像銘

従五位勲六等菅原利鑅先生は明治二十四年二
月山形縣鶴岡市に生る夙に繊維工業の改良に
志し郷里鶴岡工業学校及東京高等工業学校に
學び卒業後は福岡縣工業試験場技手埼玉縣工
業學校教諭東洋紡織株式會社島田工場長を経
て大正十一年九月地方商工技師として本縣に
赴任せらる 爾来今治市卜居し工業講習所
長染織試験場長を歴任し昭和二十一年官職を
退き専ら民間染織工業界の指導に當り傍ら今
治工業高等学校講師愛媛縣繊維工業講習所講
師等を兼ね青少年工員の養生に熱意を傾倒せ
らる その間當市に於ける綿業の施設並に物
資の改善向上に努力し特にタオルの製織法に
就いては他の追随を許さざる紋織技術に卓抜の
成果を挙げ以て今日全國的輸出タオル界に揺
るぎなき今治王国の聲名を勝ち得るに至りた
る功績は實に先生が不断の研鑽と熱心なる指
導に因る賜ものに外ならず さればこそ嚮に
は天皇陛下四國御巡幸の砌御前進講の榮に浴
し又今治市政二十周年の祝典に際しては地方
機構界の功労者として推奨せられん更に第一回
愛媛教育文化賞及愛媛賞を受くるに至りたる
亦宣なりと謂うべし 猶著書に今治綿業発達
史今治タオル工業発達史タオル意匠図案等の
好著あり斯界従業者の指針と為す餘技に俳句
を嗜み村羊と号す 
   機ゆれの 炬燵に病める 機子かな
また以て温厚典雅の先生の風貌の一面を窺
に足るらんか 本年は恰かも先生當地在職三十
三年に相當するを機會に爰に訓練に興りたる
る弟及業者相謀りその胸像を建立し以て永年
に亘る功業を讃へ敬慕の玉情の一端を表顕せ
んとするものなり

     昭和三十年十一月建立

        建設者 菅原利鑅先生顕彰會
愛媛県 今治市 通町三丁目 1-4(今治城)
QRコード

コメント

まだ、コメントはありません。