タグ » 勧進帳

合計: 18

辨慶謝罪之地

いーえむえむ | 2012/2/17 00:02
写真登録: いーえむえむ
辨慶謝罪之地
加賀国安宅の関にて関守富樫左衛門泰家に見とがめられた強力姿の源義経を、家来の弁慶は心の中で涙を流しながら錫杖で打ち据えた。その様子を見て、富樫は弁慶の忠義心に心を打たれ、正体に気付きながらも一行を見逃した。その後、当地にあった道林寺に一行がさしかかったところで、弁慶はやむを得ずとは言え主君を打ち据えたことを泣いて謝罪した。しかし、義経は弁慶の機転により難を逃れられたことに感謝し、弁慶を許した…と伝えられる。
その道林寺跡に、弁慶が義経に謝罪している姿の像が建てられている。
設置数:2
石川県 能美市 道林町
緯度:36.441795 経度:136.443097
QRコード

石川縣十名所義經旧蹟鳴和瀧

いーえむえむ | 2012/3/6 00:17
写真登録: いーえむえむ
石川縣十名所義經旧蹟鳴和瀧
右手の坂を登っていくと鳴和の滝がある。
安宅の関を過ぎた源義経一行が当地で休憩しているところに安宅の関の関守の富樫が追いつき、酒を差し入れて宴席を催したとされる。
現在の鳴和の滝の水量はきわめて少なく、当時の面影はない。
ここの石碑は平成21年に新しいものに立て替えられている。
石川県 金沢市 春日町 2-36
緯度:36.582543 経度:136.672832
QRコード

勧進帳を読み上げる弁慶像

いーえむえむ | 2012/4/29 14:16
写真登録: いーえむえむ
勧進帳を読み上げる弁慶像弁慶が読み上げた勧進帳
石川県 小松市 安宅町タ
緯度:36.419508 経度:136.418733
QRコード

富樫・弁慶像

いーえむえむ | 2012/4/29 14:27
写真登録: いーえむえむ
富樫・弁慶像富樫・弁慶像源義経像富樫/弁慶像の由来弁慶像富樫泰家像
勧進帳の物語の一場面を示したもの。
設置数:3
石川県 小松市 安宅町タ 140-4
緯度:36.419298 経度:136.417411
QRコード

銅像の由来

いーえむえむ | 2012/4/29 14:30
写真登録: いーえむえむ
銅像の由来
富樫・弁慶像の制作者、モデルなどについて書かれている。
石川県 小松市 安宅町タ 140-4
緯度:36.419227 経度:136.417479
QRコード

武蔵坊弁慶(幼名鬼若丸)の像

いーえむえむ | 2012/4/29 14:33
写真登録: いーえむえむ
武蔵坊弁慶(幼名鬼若丸)の像
石川県 小松市 安宅町レ 75
緯度:36.417828 経度:136.418809
QRコード

武蔵坊弁慶(幼名鬼若丸)の像

いーえむえむ | 2012/4/29 14:35
写真登録: いーえむえむ
武蔵坊弁慶(幼名鬼若丸)の像
石川県 小松市 安宅町レ 60
緯度:36.417843 経度:136.418770
QRコード

塩田紅果 句碑

いーえむえむ | 2012/4/30 12:15
写真登録: いーえむえむ
塩田紅果 句碑塩田紅果 句碑
「落ちてゆく 主従を偲ぶ まつしぐれ」
義経主従を詠んだ句である。
設置数:2
石川県 小松市 安宅町タ
緯度:36.419567 経度:136.418902
QRコード

小松空港 安宅の関 富樫

いーえむえむ | 2012/5/4 13:34
写真登録: いーえむえむ
小松空港 安宅の関 富樫
小松空港の名称碑の上に富樫泰家の銅像が乗っている。
石川県 小松市 安宅新町イ 249
緯度:36.403668 経度:136.411865
QRコード

富樫氏由来之碑

いーえむえむ | 2012/5/4 13:53
写真登録: いーえむえむ
富樫氏由来之碑
石川県 野々市市 本町五丁目 6
緯度:36.531470 経度:136.608153
QRコード

小松空港 安宅の関 弁慶

いーえむえむ | 2012/6/1 23:40
写真登録: いーえむえむ
小松空港 安宅の関 弁慶
小松空港の名称碑の上に弁慶の銅像が乗っている。
石川県 小松市 草野町ハ
緯度:36.405514 経度:136.416153
QRコード

弁慶謝罪の地

いーえむえむ | 2012/8/6 01:46
写真登録: いーえむえむ
弁慶謝罪の地
石川県 能美市 道林町
緯度:36.441844 経度:136.443153
QRコード

辨慶謝罪之地

いーえむえむ | 2012/8/6 01:48
写真登録: いーえむえむ
辨慶謝罪之地
石川県 能美市 道林町
緯度:36.441823 経度:136.443123
QRコード

句碑@道林町会館

いーえむえむ | 2012/8/6 02:05
写真登録: いーえむえむ
句碑
「主従の あつき涙や 春しぐれ」
詠み人の名は刻まれているが、読めなかった。
石川県 能美市 道林町
緯度:36.441743 経度:136.443012
QRコード

鳴和の滝

いーえむえむ | 2013/1/6 21:40
写真登録: いーえむえむ
鳴和の滝鳴和の滝
能「安宅」の中で、安宅の関を逃れた源義経一行と、関守の富樫が滝の傍らで酒宴を行い、その際に弁慶が「鳴るは滝の水 日は照るとも絶えずとうたり」と謡いながら舞を舞う場面がある。
その場所が当地であるとされており、弁慶の謡から「鳴和の滝」と名が付いたという。
現在は「滝」と言えるほどの水量は無く、往時の面影は無い。
また、この周辺は義経一行と富樫が談義した場所であることにちなみ談義所村と言ったが(地名の由来には異説有り)、金沢市と合併した際に鳴和町と改められている。
石川県 金沢市 鳴和町ヌ 1-2
緯度:36.581104 経度:136.674613
QRコード

尼御前像

いーえむえむ | 2013/4/21 11:00
写真登録: いーえむえむ
尼御前像尼御前像尼御前像尼御前像尼御前像の説明碑
説明碑には次のようにある。
-----
尼御前には、次のような伝説があります。
その昔、源義経主従が都から逃れて陸奥の国へ向かう途中、この地まで来ましたが従者の中にいた一人の尼が、この先の(歌舞伎勧進帳で有名な)安宅の関の取り締まりが厳しいことを聞き及び、主君の足手まといになる事を憂えて深く意を決し、主君の無事を祈ってこの岩頭から身を投じました。
この尼の名が尼御前といい、それ以来いつしかこの岬を尼御前岬と呼ぶようになったということです。
平成九年十一月吉日
石川県 加賀市 美岬町尼ゴジ
緯度:36.355864 経度:136.322934
QRコード

源義経公都落ちの遺跡

いーえむえむ | 2013/10/7 00:42
写真登録: いーえむえむ
源義経公都落ちの遺跡
滋賀県 長浜市 宮前町 12-10
緯度:35.382583 経度:136.275411
QRコード

石川縣十名所義經旧蹟鳴和瀧

いーえむえむ | 2014/5/4 21:51
写真登録: いーえむえむ
石川縣十名所義經旧蹟鳴和瀧
かつて旧北国街道沿いに建てられた石碑。
平成21年に当該場所に新しい石碑が建てられた際、古い石碑を鹿島神社境内に移したものと思われる。
刻まれていた字や正面向かって右側の角(北国街道に面していた)の欠損が目立つ。
石川県 金沢市 鳴和町ツ 19-6
緯度:36.580955 経度:136.674653
QRコード
前 | 1 | 次