タグ » 標柱

合計: 682

旧鉄砲町

ゆひもぐ | 2018/12/2 22:23
写真登録: ゆひもぐ
213963_181006_01213963_181006_02
慶安四年(一六五一)に町割りされた職人の町で、町名はもと鉄砲職人がいたことに由来する。後に果物の専売権が与えられた。
秋田県 秋田市 旭南一丁目 5
緯度:39.712322 経度:140.111980
QRコード

菅江真澄墓 入口(寺内共同墓地)

ゆひもぐ | 2018/12/11 21:55
写真登録: ゆひもぐ
214597_181006_01
秋田県 秋田市 寺内大小路 6
緯度:39.737246 経度:140.077429
QRコード

高清水霊泉入口

ゆひもぐ | 2018/12/11 22:25
写真登録: ゆひもぐ
214615_181006_01214615_181006_02
設置数:2
秋田県 秋田市 寺内神屋敷 16
緯度:39.736626 経度:140.080360
QRコード

児桜貝塚

ゆひもぐ | 2018/12/12 21:50
写真登録: ゆひもぐ
214624_181006_01214624_181006_02214624_181006_03
秋田県 秋田市 寺内児桜三丁目 11
緯度:39.740759 経度:140.089051
QRコード

旧 船大工町

ゆひもぐ | 2018/12/12 22:26
写真登録: ゆひもぐ
214644_181014_01
船大工が住んでいたことに由来し、川端六丁目とも呼ばれた。米蔵と材木商が並ぶ町であった。
秋田県 秋田市 大町六丁目 2-28
緯度:39.711391 経度:140.115401
QRコード

旧秋田銀行本店本館(秋田市立赤れんが郷土館)

ゆひもぐ | 2018/12/14 21:49
写真登録: ゆひもぐ
214762_181014_01214762_181014_02214762_181014_03214762_181014_04
設置数:2
秋田県 秋田市 大町三丁目 3-21
緯度:39.716741 経度:140.115959
QRコード

旧 茶町菊ノ丁

ゆひもぐ | 2018/12/14 22:09
写真登録: ゆひもぐ
214772_181014_01
茶・紙・絹・砂糖などの専売権をもっていた商品の町である。慶長十二~三年(一六〇七~八)ころに町割りされ、茶町一丁目と呼ばれた時もある。
秋田県 秋田市 大町二丁目 3
緯度:39.719327 経度:140.115845
QRコード

旧 上肴町(大町一丁目・稲荷神社)

ゆひもぐ | 2018/12/14 22:13
写真登録: ゆひもぐ
214774_181014_01
魚類の専売権を持っていた商人の町で、土崎湊から旭川岸に移住し、後にこの地に移された。
秋田県 秋田市 大町一丁目 3
緯度:39.719618 経度:140.115944
QRコード

旧 保戸野八丁新町(保戸野街区公園)

ゆひもぐ | 2018/12/15 22:21
写真登録: ゆひもぐ
214789_181014_01
旭川にそう侍町。「八丁夜話」をかいた橋本秀実の屋敷があり、この地に立憲民政党総裁町田忠治の生家があった。
秋田県 秋田市 保戸野八丁 2
緯度:39.727122 経度:140.119483
QRコード

旧 手形新町下町

ゆひもぐ | 2018/12/19 21:51
写真登録: ゆひもぐ
214996_181014_01214996_181014_02
寛文六年(一六六六)頃に、湿地を埋め立てて町割りされたと考えられる。侍屋敷町で、藩校明徳館の七代館長黒沢四如や十一代館長西宮藤長など、優れた教育者が活躍した。明治以降も西宮藤長の私塾四如堂(明治元年~七年)や神沢素堂の積善学舎(明治十五年~二十一年)が置かれるなど、学問の町であった。
秋田県 秋田市 手形新栄町 3-19
緯度:39.722784 経度:140.129984
QRコード

旧 手形谷地町(秋田大神宮)

ゆひもぐ | 2018/12/19 21:56
写真登録: ゆひもぐ
214999_181014_01214999_181014_02
侍屋敷町で、町名は長沼に沿った谷地(湿地)を埋めたてたことに由来する。
秋田県 秋田市 千秋城下町 5-21
緯度:39.722932 経度:140.128688
QRコード

余楽庵 標柱

ゆひもぐ | 2018/12/24 22:03
写真登録: ゆひもぐ
215269_181104_01
森川源三郎翁遺跡
秋田県 秋田市 新屋日吉町 7
緯度:39.677106 経度:140.080425
QRコード

旧 保戸野諏訪町(諏訪愛宕神社)

ゆひもぐ | 2018/12/29 21:46
写真登録: ゆひもぐ
215667_181117_01
慶長十五年(一六一〇)に藩士二方氏が別当を務める諏訪神社が、常陸国から遷されたことに由来し、寛永六年(一六二九)に侍屋敷町となった。
秋田県 秋田市 保戸野すわ町 5
緯度:39.723388 経度:140.115618
QRコード

馬場跡(馬場小路)

ゆひもぐ | 2018/12/31 21:47
写真登録: ゆひもぐ
215789_181118_01215789_181118_02
ここ肝煎町東側に、南北百間、東西十間程の馬場があって、馬術の稽古に使用されていた。
秋田県 秋田市 川元むつみ町 1
緯度:39.709074 経度:140.104033
QRコード

川尻小学校跡(秋田酒類製造(株)工場)

ゆひもぐ | 2018/12/31 21:52
写真登録: ゆひもぐ
215792_181118_01215792_181118_02
秋田県 秋田市 川尻むつみ町 1
緯度:39.709392 経度:140.102762
QRコード

秋田最初の製油所跡

ゆひもぐ | 2019/1/13 22:43
写真登録: ゆひもぐ
216930_181118_01216930_181118_02
秋田藩の御用油商であった千蒲善五郎(一八一七~八九)は、明治元年(一八六八)八橋の戍川原で臭水(石油)の湧く「ツボ」があるのに着目し、翌二年に採油に成功した。次いで先進地新潟県の蒲原地方で精油技術を学び、蒸溜釜二基を導入して、翌三年帰命寺裏に秋田で初めての製油所を建てて灯油の生産を開始した。これが契機となって秋田油田の開発が進められた。
秋田県 秋田市 八橋本町二丁目 1
緯度:39.722302 経度:140.095924
QRコード

旧 楢山下浜町

ゆひもぐ | 2019/1/19 21:53
写真登録: ゆひもぐ
217422_181124_01
この地はもと川尻村に属し、太平川の川岸にあったことから下浜と呼ばられた。一時総社神社が移されていた。
秋田県 秋田市 楢山共和町 8
緯度:39.703432 経度:140.115081
QRコード

旧 十軒町

ゆひもぐ | 2019/1/19 22:11
写真登録: ゆひもぐ
217431_181124_01217431_181124_02
元々は川尻村に属していたが、元禄十五年(一七〇二)に町方となり、米小売の特権を与えられた。
秋田県 秋田市 楢山南中町 5
緯度:39.705983 経度:140.116250
QRコード

旧 楢山餌刺町

ゆひもぐ | 2019/1/19 22:17
写真登録: ゆひもぐ
217434_181124_01217434_181124_02
寛永六年(一六二九)に町割りされた侍屋敷町で、町名は城の鷹匠の鷹の餌を調達する餌刺衆が住んだことに由来する。
秋田県 秋田市 楢山南中町 4
緯度:39.705826 経度:140.116687
QRコード

川口のいちょう

ゆひもぐ | 2019/1/25 21:48
写真登録: ゆひもぐ
217831_181128_01217831_181128_02
秋田県 秋田市 川元小川町 1
緯度:39.706173 経度:140.104481
QRコード
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 35 |