いちかわ » コメント一覧

Total: 53
前 | 1 | 2 |
いちかわ
いえいえ、たまたまたくさんのタグが目に入って、南湖あたりの写真ならあるかもと、探したついででした。
南湖のまわり一周して、十七景それぞれの場所にも石碑が立っていて写真も残してるのですが、正確な場所がわからないので、マッピングはできません。
いちかわ
とあるウォーキングイベントの下見で訪れ、後に同行していた郷土史の先生が、「市川進氏とは、塔南と号する三重県では有名な書家だったようだ」と教えて下さいました。
その後、「市川塔南」でweb検索してみたら、がらんさんのマッピングがたくさん引っかかりました。いつもながら恐れ入りました。
いちかわ
とあるウォーキングイベントの下見の為、多奈閇神社の表参道を訪れた時、偶然発見しました。私的には結構な発見だったので、そのイベントで一緒に紹介してはどうかと提案したのですが、却下されてしまいました。
親マップ: 花山大安墓 by いひかわ
いちかわ
ありがとうございます。喜んで頂けると一層励みたくなりますね。(笑)タグ付けは、私の知識では足りないので、本当にありがたいです。
こちらのお寺は、普段観光対応していない筈なので、墓参りだけでもできるかどうか不明です。貴重な機会でした。
親マップ: 池大雅墓 by いひかわ
いちかわ
この道、よく通るので、通る度に必ず目で追ってました。無くなった時はかなりショックでした。
原因は知らないので、今度知ってそうな人に会ったら聞いてみます。

瀬古泉のモミジも同様に、通る度注目してるんですが、随分樹勢が弱まっているような気がして心配しています…。
いちかわ
再度ご教示ありがとうございました。
これまで何十年、何の感慨もなかった新興住宅地の山裾が、俄然興味が湧きました。
いちかわ
伐採されてしまいました。多分、ここ一年内の事だと思います。虚しく柵と本説明板が残ります。
いちかわ
お久しぶりです。なかなか参照するばかりで登録をさぼっています。
ご教示通り、東員町史を見てみましたら、思いっきり載ってましたね。(^^;しかも予想以上に詳しくて驚きました。仏像や位牌まで遺っているとは。
「守一庵」は、現在の中古車販売店の辺りなんでしょうかね。全く想像できません。

ストビュー、載ってますね。ご存知ないということで残念ですが了承致しました。実は墓地が移転改修されたあとも、暫くは残ってました。「ああ、よかった。ちゃんと移設してくれた」と安心したのも束の間、いつの間にか見えなくなって、慌てて確認しにいったらもう無くなっていました。

いちかわ
鳥取沢墓地は、道路拡張の為、ちょっと前に全体的にちょっと南東方向にずれました。その際に綺麗に整備されたのですが、こちらの墓は隅にちゃんと残っていました。私は、別目的でこの墓地を訪れ、この尼僧の墓を見つけてどういう由緒があるのだろうと思ったものです。何かの文献に載っているなどご存知でしたらご教示願いたいです。

で、さらについでなんですが…。元々この墓地を訪れた本来の目的は、一つだけ笠付きの墓が目立ってあったのを昔から目にしてて、いずれ誰の墓なのか調べよう調べようと思っているうちに、上述の墓地整理によって改修、多分どこかの一族の墓に合祀されてしまったようで見つけられませんでした。今となっては誰の墓なのかわからず大変心残りです。ご存知でしょうか?
いちかわ
これ、徳成邸内にあるんですか!私は二回くらいしか敷地内に入ったことないです。しかも、墓所には近寄れなかったような記憶があります。

徳成邸は本当に残念なことになりそうですが、墓所は残されるとか…。
親マップ: 諸戸定直の碑 by がらん
いちかわ
そういえば、名前の由来になった碑があるとお聞きしたものの、実物見たことないから、一度見てみたいなあと思って検索したら、こちらにたどりつきました。
ありがとうございました!(笑)
いちかわ
あの幕末の服部半蔵(正義)でさえ長らく無縁仏になっていたそうですしね。現在は一応、独立してありますが…。

桑名市史補編の、石碑の項は大変素晴らしいものだと思っています。願わくば、桑名市史新編をもうそろそろ出してもらいたいもんですが。

加太邦憲氏の「自歴譜」は少し読みました。大変興味深い内容なのですが(個人的に戊辰戦争あたり)、他に何冊も借りていて期限きれで読みきれず返してしまいました。
いちかわ
長寿院墓地をうろついているときに、「加太羽扇」て誰だろう?きっと名のある方に違いないと、その場で検索、こちらのページにたどりつきました。ご教授感謝です。
というわけで、法盛寺ではなく、長寿院です。私の方で変更できるならしておきます。

余談ですが、私は「駒井鶯宿」の墓を探してました。後でご住職にうかがうと、「わからないんですよ、学芸員の方も探してくれたんですが、見つけられなくて」とのことで、案内板には、さも現存するように書かれているのですが、実際は、「あると伝わっているが現存せず行方不明」といったところでした。
いちかわ
合ってます合ってます。かなり正確です。(笑)細かい事を申せば、下笠田「北」墓地と呼ばれるようです(というか、この辺りの言葉で言えば、きたさんまいになる?)。ほぼ全て多湖氏のお墓ばかりですね。画像もあるはずなので、貼ろうかと思ったのですが、見つけられずです。(^^;
いちかわ
いえいえ、遠いです。どんだけがんばっても、家老の分家(?)が精一杯です。(笑)
いちかわ
下笠田東墓地の一番奥が、現在も多湖本家代々のお墓になってます。その一つが上述の「多湖兵太夫橘實親」の墓で碑文入りです。
多湖氏系図は、その傍系の方から縁あってコピーを頂けました。信長だか秀吉だかの感状(と言われてる?)ものも。
いちかわ
多分、ここ数年で撤去されてしまった気がします。無くなってて驚きましたから。「こんな碑って撤去するものなの?」と。
いちかわ
補足ありがとうございました。

私の本家がすぐ近所で、幼い頃は、この区画だけ鬱蒼とした森になっており、「ここの家の人はみんな東京に行っちゃって、今は誰も居ないよ」と聞かされてました。最近、屋敷がなくなって分譲されてしまって、なんとも言えない寂しさを感じています。

また、私の曾祖母の実家は多湖家で、どうやらここの新家(分家)だということが判明してます。「員弁史談」かなんかに、ここのご当主の弟として、曾祖母家の始祖の名が載っていました。
いちかわ
この碑は、智傳のことが書かれているものだと思い込んでました。この地蔵様の由来だったんですね。知りませんでした。大変勉強になりました。この碑文は、町史にも載ってなかったと思います。
親マップ: 妙香地蔵と碑 by がらん
いちかわ
記憶だけでで、凄いものですね!この辺りの郷土史にも非常に造詣が深いお方だお見受け致しましたので、今後共宜しくお願いします。
親マップ: ちりん坂句碑 by がらん
いちかわ
ご存知かもしれませんが、下笠田東墓地の「多湖兵太夫」墓も碑文入りでした。私の先祖に関わりがあるかもしれないので数年前調べたことがありました。ネットにも出てこない知名度の個人のお墓はどの辺りまでマッピングしちゃっていいものやら、自身がもてないのでマッピングしませんが…。写真はたくさん撮ったんですが。

北大社墓地には確かに、木村家のお墓のような区域がありました。きっとそうかな?とも思いつつ、ちょっと時間もなかったので細かく確認しませんでした。ちょうどその区域に墓参りに来られた女性もいらっしゃったので、お話聞いておけば良かったかもです。

また、一色氏墓はどこだどこだと細かく探していると、代わりに「木村誓太郎」が建てた、「義士 伊藤助五郎」なる小さなお墓を見つけました。東員町史を詳しく見れば載ってるかもしれませんが、インターネット検索ではでてきませんでした。もし、ご存知でしたらご教示下さい。m(__)m

あとは、猪名部神社宮司家の墓もありました。神式なのか、墓石が他とは違いました。
いちかわ
ちりん坂が登録さている!(坂マップでは登録しましたが)ひょっとしてお近くなのかもしれませんね。
親マップ: ちりん坂句碑 by がらん
いちかわ
こんな地元でもあまり知られていないような史跡が登録されてて驚きました。今日間違って北大社墓地で探してました。無いわけです。
いちかわ
久しぶりにのぞいたら、近所のマイナーな石碑がたくさんマッピングされててびっくりしました。すごいですね!
いちかわ
文脈からいくと、
「奉順禮~」
ではないでしょうか。順に見えにくい気もしますが。「奉順禮」で検索してみると、たくさんひっかかります。
親マップ: 石碑 by K-R
いちかわ
本来は、禅宗(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗など)の寺の入口(山門や参道)の前に置かれた注意書きなのは間違いないと思います。ただ、リンク先などの記事や地図を見ると、なるほど、大光寺観音堂が大平山の麓にあったというなら、結構離れてますね。それならば、参道として使われてる道が、この場所から分岐していたのかもしれません。そういう意味合いから、山陽道を行く人々に対して、「寺はこっちだよ」と示す=道標という解釈になったのかもしれませんね。

そもそも道標の定義が私はよくわかってないのもありますが、普段この碑を見たら道標とは思わず禅寺の入口なんだなと感じます。道標に定義できないという根拠が見つかれば楽なんですが、「道標として使ってた」って土地の人に言われれば難しいですよね。(^^;

あと、本来の役目を終えた後(例えば廃寺になったとかで)道標に転用されることは、ありえることのようなので(移設もあり)、その可能性も捨て切れませんね。その場合は側面なりになんか書いてあるとは思いますが…。

なんにしろ、こんなケースの設置もあるのかあと興味深いです。今後も出てくるかもしれませんね。(^^
いちかわ
いえいえ。やっぱり枚数撮っといた方がいいですもんね。いらなければ後でどうとでもなりますが、無いもんは読めませんから。笑
私はよく面倒臭がって、適当にとると、どの画像にも写ってない箇所があったりして泣きます。
いちかわ
一番右のは諸葛瞻の瞻っぽいなって思ったらそうかも。しょかつせんのせんです。
文字の意味としては、「見ること」っぽいです。
いちかわ
県営上水道通水記念・碑文
碑像マッパー泣かせのものって結構ありますよね。
余計なお世話だったらすみませんが、私がいつもやっている方法で勝手に合成したのを添付してみます。良かったらお使い下さい(決して12枚添付が気に入らないとか、そんな意味合いではありません…。できるかな?と挑戦してみたくなっただけです)。
いちかわ
碑像では、篆書体がかなり多く使われます。篆書体の「之」ですね。
http://www.chineseetymology.org/Char...

私もこの碑像マップで真剣に向きあうまでは知りませんでしたが。笑
いちかわ
重ねてありがとうございます。私なんぞは全く気づきませんでした。^^;

いいですよー他の協力希望は、よっぽど暇な誰かがよっぽど暇な時にやってやるかーのスタンスで十分です。
いちかわ
おおお、ありがとうございます。いずれブログ立てて、協力緩やかに募ろうと思ってたんですが、助かりました。
コメント欄に書いて頂いたのを、本文へ転載させて頂きますね。m(__)m

※碑文を書き起こしながらマッピングすると、めんどくなってマッピング自体をやめてしまいそうなので苦肉の策中です。
いちかわ
「げんげん元気な月曜日~」
「肝心要の火曜日だ~」
さすがに全曜日まで覚えてませんが。
親マップ: 孝子の像 by route507
いちかわ
>旭山動物園
私も名称碑かなと思いました。役割として。

あと、いーえむえむさんの基準は読んでなるほどですね。結構、慰霊目的とかであっても、オブジェっぽくなってるものもあって、そういう場合は役割を考えれば慰霊碑かなって思えます。

まあ、一つのわけ方の目安ですね。私もガチガチに定義したくないです。
いちかわ
なるほど。逃がしてあげるからたまに出てくるんですね。
親お知らせ: 碑像マップリリース by kuwa
いちかわ
#カピバラ さん発見しました。
マップページ、右側にマッピングタイトルがでてきて、タグをクリックすると抽出してくれるようなんですが、マップ内でなんら変化がありません。

(ワイド表示のカピバラ捕獲ありがとうございました。)
親お知らせ: 碑像マップリリース by kuwa
いちかわ
像が傷つくと思いまーす。
親マップ: ガマ侍 by beerko
いちかわ
>いーえむえむさん
そうですそうです、No.8で言った兎はそこのイメージでした。多分togolistの方でマッピングした記憶があります。
鯉も埼玉県で、栗橋の神社だったと思います。どっかにアップしたかどうかはあやふやです。
いちかわ
寺社好きとしては、大仏という大きさでくくるよりは、地蔵とその他の仏像っていうほうがわかりやすい気はします。
もちろん、「地蔵菩薩」も仏ですけど。ただ、地蔵菩薩は外見が素人でもまず見間違えることもなくわかりやすいですし、数も群を抜いていることでしょうしね。
「観世音菩薩」も当然仏なので大仏でも間違いではなさそうですが、どこからが大っていうと…自称?
弘法大師をはじめ、高僧像は人物なんですかねー?私もちょっとどうなんだろうと思いました。行基像ってのがあって、行基菩薩って言うし、仏やしって言われてもなあとか。生きてる間を像で表せば人物、死んだ後仏になった状態を表してたら仏かな(シャカとか)。羅漢は人物でしょうかね???難しいですね。

狛犬は確かに、それ專門のファンもいらっしゃるような。アイコン作ってもらえるなら、正面向いたものじゃないと二つ並べると変な感じになりそうですね。と注文しつつ。キツネとか兎とか鯉とか観たことありますが、役割を考えれば狛犬カテゴリでしょうね。

モニュメントは確かに、オブジェって言う方がしっくりくるような。

以上感じたことでした。
いちかわ
狛犬は動物像になりそうですね。
いちかわ
カピバラさんと戯れてもらってありがとうございました。 #カピバラ
もうそうそう戯れないとは思いますが、

http://hizou.30maps.com/list/wide?li...

リストのワイド表示の表示件数は効いてません。
親お知らせ: 碑像マップリリース by kuwa
いちかわ
各マッピングの個別ページの右上、近めのマッピングが動いていないようなカピバラさんが居る気がします。
親お知らせ: 碑像マップリリース by kuwa
いちかわ
おお、さすがです。変体仮名がでてくるとは思っても見ませんでした。
とりあえず、現段階のを書きたしておきます。
四行目は、おっしゃるとおり、~つくしき~かなとは思ってましたが。
いちかわ
おおお、ここですか。幼少時から案内看板はよく目にするものの、一度も行ったことがありません。
近いとなかなか行かないですね。
いちかわ
1km単位で、写真撮ってマッピングできたらそれはそれですごいと思いますけどね。(笑)我が三重県にも国道1号線は走っている訳ですが、こんなちゃんとしたのが居るんですかねー。よく目にする気はしますが、果たして三重で見ているのかどうか。

>局好きさん
私個人は「各マッパーがマッピングしたければしてもそれで良し」ということで。
いちかわ
私の能力では、行書体が読めません。どなたか読み解いて下さるのを待ちたいです。
が、写真があまりよくないのでとても難しいかと思います。
いちかわ
私個人としては碑ではないと思いますが、あまり堅苦しいマッピングサイトになるのを望まないので、「各マッパーがマッピングしたければしてもそれで良し」くらいでいいんじゃないかと感じてます。

禁止して芽を摘むより、タグとかで区別して共存していきたいです。
これの正式名称なり通称なりをタグ付けしておけば尚良いかと思います。
いちかわ
素晴らしいです!大変興味深く拝見させて頂けました。ありがとうございました。
親マップ: 伊藤隣一像 by winecolor
いちかわ
私も同じく、○名碑はたくさんあるんですが、マッピングするかどうかはちょっと。
揮毫が誰かはっきりしてるとかいうのはマッピングしようかなと、ぼんやり考えてる感じです。
(もちろん他ユーザーの方々のマッピングに異議を唱えるものではありません)
親マップ: 豊川稲荷 by beerko
いちかわ
こういう像こそまさしく碑像マップで掘り起こしたい方ですね。
台座に何も書かれてなかったんですよね?
せっかく銅像になるほどの方なのに、誰も知らないというのは残念なことですね。
郷土史にでてこられるかどうかですね。
親マップ: 伊藤隣一像 by winecolor
前 | 1 | 2 |