いーえむえむ » コメント一覧

Total: 405
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
いーえむえむ
福島県でも同じものを見ています。
写真は撮れなかったのでマッピングはしませんが、代わりにストビュー画像を貼っておきます。
いーえむえむ
「仁王門」と「二王門」は表記の揺れでしか無いと思われます。
「仁王門」と表記しているお寺も多数もあります。下記はお寺の公式HPに「仁王門」と書かれている例。

京都の清水寺 http://www.kiyomizudera.or.jp/info/i...
京都の鞍馬寺 http://www.kuramayama.net/siseki/01n...
滋賀の三井寺 http://www.shiga-miidera.or.jp/treas...
東京の浅草寺 http://www.senso-ji.jp/guide/hozomon...

つまるところ、普遍的な名称として「仁王門」「二王門」どちらが正しいか、と言うことは結論づけられないものであると言えます。
もし正しいと言う表現をしようとすると、個々の門それぞれについて、そこのお寺が使っている表記が正しい、と言うことになりましょう。
なので、タイトルはそのお寺の使用している表記に併せ、タグは既に一般的に通用している名称のタグが既にあればそれ(この場合仁王門)を使用するのが無難と考えます。
もし「二王門」という表記をしているものだけ抽出できるようにしたい、と言うことであれば「仁王門」タグとは別に「二王門」タグを作って二王門表記の案件に「仁王門」「二王門」と2つのタグを付けておくのが良いと考えます。
タグはあくまで「一つのタグを選べば同系統のものを抽出できる」と言う機能のもので、正確さは個々のマッピングのタイトルでこそ追求すべきでは無いでしょうか。

この仁王門に限らず、碑像関係は非常に表記の揺れが多いです。
ものによっては結構狭いエリア内でも表記や碑銘の違いが激しいものがあったり(忠魂碑当たりはその最たるものかも?)、県域や地方レベルで違いが見られる場合もあります。
なので、ごく少数の案件をもって「この表記が正式名称」という結論を出してしまうのは危険では無いかと思います。
さしあたっては、その案件の正式名称としてしか語れません。
そして、数が積み上がってくるとようやくどれが正式なのか見えてくる…と言いたいところですが、多くの場合は「結局いろんな表記、名称があり、どれが正式とは言えない」と言う場合の方が多いです。
多人数が見ていると、さらにそこに「解釈の違い」も加わってくるので、「どれが正式か」というのは早々簡単に結論が出るものではありません。
少数の事例だけを見て「それが正式名称である」「それが正式な表記である」と言ってしまうのはかなり危険だと思います。
あくまで「自分がその物件をマッピングする際、どういうタイトルを付けるのが最も妥当か」を重要視すべきで、タグは機能性を主眼に付けるのが良いものだと考えています。

タグの文言の厳密性を言ってしまうと、例えば下記のマッピングに「仁王像」タグを付けるのはいかがなものか?と言うことになっちゃいます。
だって、像の名称が「那羅延金剛力士」である、とお寺さんが看板を設置してある訳なので…(一応「金剛力士像」タグもあります。「仁王像」タグの方が使われだしたのが早く、使用数も多いですが)
http://hizou.30maps.com/map/71964



いーえむえむ
4つ重複してマッピングされています。
ご確認ください。
いーえむえむ
他のコメントも含めまして…愛河リエイさんでエリイさんではありませんので念のため。
いーえむえむ
記念時計塔とはかなり離れているので、時計塔かこの関碑かのいずれかが移転している可能性がある。
そして、時計塔の方も写真を撮ってあったつもりだったのが、写真を撮っていなかった事が判明…福島にいる間に気付けば撮りに行ったのに、金沢に帰って来てからでは如何ともしがたいorz
いーえむえむ
当初のマッピング位置に像などがある様子では無かったので確認したところ、実際の位置は川を挟んでかなり西の方でしたので、位置を修正しました。
なお、ストリートビューで見える位置ではないため位置はずれている可能性があります。そのため、「位置不確か」のチェックはそのままにしてあります。
親マップ: 中野竹子像 by winecolor
いーえむえむ
JR原ノ町駅
位置を修正しました。
原ノ町駅前に行った際、当初のマッピング位置には像らしきものはありませんでした。
(駅名標には騎馬像が刻まれている)
なので撤去されてたのか?と思ったのですが、ストリートビューで確認したところ駅西北西の三差路角にありましたので、そちらにアイコンを移動しています。
なお、県道ほ南東から西に向けて通っており、駅を撮影するために停車した以外はどちらかというと左手の方に注意を払いながら走っていたため、現地で像の存在に気づけませんでした。残念。
いーえむえむ
位置を修正し、「場所不確か」のチェックを外しました。
この石碑の横は2回通過しています。
なお、この付近は避難指示解除準備区域であるため車での通行は可能ですが、空き巣の取締りのためのパトロールが重点的に行われており、停車しての石碑の撮影は困難です。
信号があるので、運良くそこで引っかかった際に素早く撮影するしかありません。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
台座背面の説明文に、この像の銘が「稔り」である旨書かれています。
親マップ: 稔り by いーえむえむ
いーえむえむ
「いわき市と美空ひばりさんの縁り」(遺影碑との記述あり)
位置を修正し、写真を追加しました。
現地には慰霊碑ではなく「遺影碑」との記述がありますので、タイトルの変更をお願いいたします。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
いーえむえむ
写真を追加しました。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
当初マッピングされていた位置には別の石碑が建っています。
いーえむえむ
写真を追加しました。
また、銘板にこの像の正式な名前が書いてありましたので、タイトルもそれに併せるのが良いと思います。
須賀川市とM87星雲・光の国との姉妹都市締結記念として建てられたものです。
いーえむえむ
今年も汐博2014が開催され、ジャイアントスライダーが設置されていました。
今年は志村けんでした。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
いーえむえむ
位置を修正し、写真を追加しました。
いーえむえむ
大潟パーキングエリアの上り側に設置されているものを、下り側からズームで撮影しました。
下り側には石碑等は無かった、はず。
親マップ: by いーえむえむ
いーえむえむ
写真を追加しました。
いーえむえむ
はて、説明板も見ながら書いてたのに何で火と水を間違えたんだろ…眠い時に無理無理にマッピング作業をするもんではありませんな…
3・4行目の「白/赤」と5・6行目の「水/火」を対応させていると言う事でしょう。
いーえむえむ
「砲弾」タグもありますので、よろしかったらどうぞ。http://hizou.30maps.com/tag/砲弾
親マップ: 慰霊碑 by なると4
いーえむえむ
木下順庵の漢詩碑見つけました。
説明板から木下順庵の漢詩碑を見ようとすると、木々の陰になっているため直接見ることができませんでした。
これでは、副碑である富田景周の漢詩碑を木下順庵の者と間違える人が他にも出そうです。
いーえむえむ
調べたところ、七尾市出身の俳人で島田渓水という方がいたそうです。
http://www.geocities.jp/misogi_koumi...

その方の句碑なのかもしれませんが、比較的若い時(しかも戦時中)に亡くなっており、個人の句集などは無いようです。
いーえむえむ
そういわれればひらがなが見えますね。
ちなみに、ネット検索せずとも下記にここが「猿ヶ馬場」である旨が書かれています。
http://hizou.30maps.com/map/67983
いーえむえむ
確かに「寝覚」が「目覚」になってたのでそこは修正しました。
ただし、「め」の送り仮名は付かないので念のため。
いーえむえむ
拡大写真を見てみました…「餅は」は「餅に」ですね。
問題は「客が」の方。
確かに微妙な位置に店がありますが、可の崩し字の「か」の点とすると上すぎる気がするし、「客」の口の下の棒とすると下すぎる。
でも多分「が」なんでしょう。ううむ。
いーえむえむ
木下順庵の漢詩碑を撮影したつもりでしたが、富田景周の漢詩碑しか撮影できていなかったというorz
いーえむえむ
解読しきれなかったのでネット検索で情報収集した結果を基にタイトルを付けたのですが、再度ネット検索したら別の説も出て来て、読み取れない方ばかりの碑のようです。
内容的にはがらんさんの解読内容が間違い無さそうなのですが、室鳩巣という儒学者としてはビッグネームの漢詩なので、書籍を当たるのが一番間違いないのかな…と考えています。
でも当面図書館に行く時間が取れなさそう…

倶利伽羅峠はかつては北国街道という「大幹線道路」の要衝であったところであり、なおかつ歴史的な史跡でもあるので、歴史上に大きな足跡を残している人たちの碑が数多くあるのが印象的。
マッピング済みのものでは飯尾宗祇、室鳩巣、太田蜀山人、十返舎一九。
これからマッピング予定のものでは松尾芭蕉、木下順庵。
いーえむえむ
>winecolorさん
現地確認しましたので「現地未確認」のチェックを外しました。併せて写真を追加しました。
結局、元のマッピング位置がほぼ正解でした。

実は、前回行った時は表側から車で入って山門内の駐車場に駐車したため、この辺りまで来ていませんでした。
その山門内の駐車場ですが、スペースが狭く、しかも細くて急な道を登る必要があるためバスの進入は困難です。
集落内にバスが駐車可能な場所はありますが、そこから境内までは百段の石段を登る必要があります。
なので、境内裏手に林道が造られた際、境内との高さの差が小さかったことからそちら側に広い駐車場を造った…と言うことのようですが、まさかそちら側に寺名碑が建ててあるとは思いませんでした。
(「裏参道」とか「南参道」とかであれば他で見かけることもありますが)


いーえむえむ
ドラえもんのぬいぐるみとタイムポスト「10年後の未来へ」ドラえもんとのび太のパネルキテレツとコロ助のパネル佐倉魔美とコンポコのパネル21エモンとモンガーのパネルチンプイと春日エリのパネルパーマン1号のパネルドラえもんのぬいぐるみ
会場には藤子・F・不二雄作品のキャラのパネルなども展示されていました。
いーえむえむ
>winecolorさん
確認なのですが、テレビに映っていた寺名碑は四角い石碑でしたでしょうか、それとも自然石製の石碑でしたでしょうか?@大岩山日石寺
いーえむえむ
前よりは近い位置だと思いますが、細かい場所についてはやはり現場との突き合わせが必要だと思います(番組が見られればよいのですが、ちと難しいかも)。
ちなみに日石寺に行ったのは碑像マップが立ち上がる遙か前で、確か本堂と三重塔の写真しか撮っていなかったはず(現在自宅外にいるので記憶の範囲での話ですが)。
土曜にまた富山に行ってこようと考えているので、時間が取れれば行ってきたいところですが…。

余談:
この日石寺からさらに2kmほど山手に入っていくと、映画「おおかみこどもの雨と雪」に出てくる古民家のモデルとなった建物があります。
http://matome.naver.jp/odai/21362463...
いーえむえむ
日石寺には行ったことがありますが、現行のGoogleMapでは伽藍の配置のイメージはつきにくいと思います。
実は、現在マッピングされている位置は日石寺の裏側です。
いーえむえむ
過去にアイコンの絵柄が変更された事例があるので、アイコンの絵柄から当てはめるのは止めた方が良いです。
アイコンの指し示す意味合いとマッピングしたいブツの性質・機能で選ぶようにしないと、マップ自体が破綻状態になりかねないので(他のマップでそうなっちゃっているのがある)、碑像マップ立ち上げ時から参加している者としてぜひ御熟考をお願いしたく、あえてご質問いたしました。

(私は碑像マップに参加する際に「碑とは何ぞ?像とは何ぞ?」から考えました。個人的に説明板を単独マッピングしないようにしているのもそこら辺が所以)
いーえむえむ
写真を追加しました。
親マップ: 銭形平次の碑 by Roko
いーえむえむ
ところで、ちょっと気になったのですが…これが道標アイコンになっているのはなぜでしょうか?
いーえむえむ
重複してますよー。
いーえむえむ
金沢市内にある他のライオンズマンションを探してストビューで見てみましたが、見えたのは今のところすべて親子ライオンです。
ただ、親子の位置が逆のがあったような、無かったような…
親マップ: ライオン像 by がらん
いーえむえむ
地区毎に形が違う?少なくとも、松山の物件はほぼ同じ形ばかりのような気がします。
親マップ: ライオン像 by がらん
いーえむえむ
塩田紅果句碑の隣にいつの間にかもう1基句碑が建てられていました。塩田紅果と塩田藪柑子は親子とのこと。
いーえむえむ
石段の下から撮影したため、碑の下の方が見えなかった。要再訪。
いーえむえむ
重複してますよー。
いーえむえむ
ちなみに、碑の右手に書かれているのは短歌、のはず。
以前何かの本で紹介されていたのを子供の頃に読んだのですが、かなり身も蓋もない内容だったような記憶が…要再訪。
いーえむえむ
碑文が一部解読できていません。
左の行の3文字目は最初「た」だと思っていたのですが、意味が通らないので確認したら「お」の変体仮名(「於」の崩し字)のようです。
いーえむえむ
ピンボケで石碑の字が読めませんでした。要再訪…
いーえむえむ
写真を追加しました。
いーえむえむ
写真を追加しました。
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |