garan » コメント一覧

Total: 702
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 15 |
garan
護佐丸父祖の墓碑文
【碑文】
往昔、吾祖中城按司護佐丸盛春は、元山田の城主に居給ふ、其後、讀谷山の城築構ひ居住あるによりて、此の洞に墓所を定め、内ハ屋形作にて、一族葬せ給ふ、然處に、幾年の春秋を送りしかは、築石造材悉破壊に及ヒ、青苔のミ墓の口を閉せり、爰におゐて、康煕五十三年墓門修復、石厨殿に造替し、遺骨を奉納せり、さて永代子々孫々にも忘す、祀の絶さらんことを思ひ、毎歳秋の彼岸に供物をささけまつる例となりぬ、仍之、石牌建立之也、
大清乾隆五年庚申十月吉日
         裔孫豊見城親雲上盛幸記之  
【碑陰】
此碑文、康煕五十三年、隆為建置、年来久敷、文字不詳、依之、此節建替仕也、
         書調人 毛氏山内親方 盛方  
         彫調人 毛氏又吉里之子盛庚  
garan
山田水車屋のマネキン
wainecolorさま こんばんは
2016.2に近くを通過。マネキンが見えたので止まったが中には入らず。顔出しも見たかったね。
garan
winecolorさま こんにちは 読んでみました。句碑ですね。金衣公子とはウグイスの雅名だそうです。節は音節(鳴き声)か。
・朝々に 金衣公子の 節を見る  古希洞光
garan
(栗田公訓略伝)
公訓名昭、字(ママ)公訓其字也、號小艸齋、丹後田邊牧野家之儒員也、幼授業於同藩儒員笛浦野田先生、博學洽聞、不所不通、特精植物學、性奇僻不与世親、故世人亦多不知其有學、明治卅三年二月八日卒、享年   、葬於駒込千駄木林町世尊院(『小草齋雜抄』巻末付録、今泉雄作記)
親マップ: 栗田公訓の墓 by がらん
garan
・伊賀衆奉納の水盤(「忍びの館の忍者コラム」を加点修正)
天正十八年庚寅、
神祖在和泉、曾有明智光秀之亂、乃還師三河、到伊賀而賊兵蜂起、道路不通、土人郷導而啓之及
神祖入關東、賞其功召之賜食地於武州、命為伊賀者、実我黨之先也、於是、相謀而築倉為蔵租米之所、且遷本國所祀之稻荷神建祠其傍、世々奉之焉、然而星霜轉換、社宇壊廢、今茲某等一百八人、戮力修之、亦繼祖先之意也、因鐫其姓氏、以告後之子孫云、
嘉永二年歳次己酉二月七日 櫻井壽胤書
(他面は列名)
garan
如卵翁(石川政忠) 碑文:
翁姓源氏石川、名政忠、俗稱茂兵衛、號是鶴堂、如卵其別號也、性好生花、嘗受方於法眼是心軒一露之門、尤極其奥秘、門人多従之學者、松月堂生花一派之行、翁之功爲多焉、文化十四年丁丑五月十八日罹病卒、享年七十有八、門人某甲等謀之、別爲樹此石、傳翁名於後日云、
文政六年癸未二月    藤村光直識
garan
・高間春渚墓 碑文:
春渚墓
君諱明遠、字季文、號春渚、又稱清環堂主人、尾張人李蹊之弟也、爲人敏惠温厚、而有才氣、李蹊之將死也、召君屬以後事曰、吾今且及不能終、母氏之養是可憾也、汝善事之、於是奉兄之言、事母益謹育兄之子一男一女、視之猶己子循々然無私、營家事大治可謂動焉、嘗師事滄洲先生、篤志文學、又善繪事、性能容人、風流醢藉、清風朗月、坐上客滿、擧杯酌酒、輸寫胸襟、或惨然下涙、既而嘆曰、如此可以遣吾情也、天明丙午十一月二日病没、年三十、葬于城東乾徳寺先塋前、在會葬者如雲、莫不悼惜焉、君娶尾關氏、生君早夭、君嘗與吾輩結五子之社、■窗者先已逝矣、今又遭此不幸、嗚呼悲哉、銘曰、
維孝維友 宜弟宜兄 神之在此 雪白月清
                  井上正春謹撰
 跆安道榮居士   
親マップ: 乾德寺墓碑類 by がらん
garan
・雲嶂宮常居士(山田宮常)碑文:
雲嶂居士姓山田氏尾張人也性温厚
■■文雅善畫嘗遊學亰師十餘年■
■■前津小林邑業畫稍々便張人■
■■文雅之囿又愛禪有暇則就諸碩
■問禪味焉可謂篤志也偶有病以寛
政癸丑十二月二十七日没年四十七
惜哉同人哀悼之餘相與欲建碑以表
居士之墓居士在日與月樵同業最■
■是月樵奮與諸友謀卜地長榮禪寺
■■余誌其事居士之名千歳與石長
・・(■と・・以下欠損)
garan
parunasさま こんばんは
 ここは数年前に立ち寄りました。タグと画像、碑文の一部(読み切れず)を貼らせていただきます。この塀の向こうが養壽庵(移転)と養壽庵を建てた伏屋家(現在は別家)だそうです。当時路程で立ち寄った万町の墓地に伏屋家の墓所がありましたが、この頃マッピングしようと確認してみると航空写真では更地になっているようでした。あるいは整理されてしまったのかも。
http://hizou.30maps.com/map/175139
http://hizou.30maps.com/blog/175145?...
garan
雄貞院歸操蕣芳信女 雄貞院歸操蕣芳信女 
伏屋家墓所
・雄貞院歸操蕣芳信女 (碑文面剥落)
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
伏屋鈴環翁之墓伏屋鈴環翁之墓伏屋鈴環翁之墓伏屋鈴環翁之墓
伏屋家墓所
・伏屋鈴環翁之墓 弘化2 大澤邁撰 行方信敏書
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
正貞院慈明栄壽大師正貞院慈明栄壽大師正貞院慈明栄壽大師正貞院慈明栄壽大師
伏屋家墓所
・正貞院慈明栄壽大師 安藝頼寛(春水)撰 □政芳立 ・・・書
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
宝因伏屋翁墓宝因伏屋翁墓宝因伏屋翁墓
伏屋家墓所
・宝因伏屋翁墓 越後片・・(撰) 泉府河・・(書)
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
晴峯院真月智照大姉 晴峯院真月智照大姉 晴峯院真月智照大姉 
伏屋家墓所
・晴峯院真月智照大姉 (文政元没) □耳山豊僊撰 文政2 伏屋楠芳建 弘化2 伏屋磯芳彫文
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
伏屋田人翁之墓 伏屋田人翁之墓 伏屋田人翁之墓 伏屋田人翁之墓 伏屋田人翁之墓 
伏屋家墓所
・伏屋田人翁之墓 
※亀趺、第三面剥落
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
伏屋家墓所 遠祖之墓
伏屋家墓所
・高階長者 遠祖之墓 伏政芳素狄建之
親ブログ: 貞珉不遠 by がらん
garan
winecolorさま こんにちは
数年前に訪問した画像を引っ張り出してきました。官兵衛のころだったんですね。
garan
たこはちさま おはようございます
碑陰の画像とタグを貼らせていただきました。
親マップ: 鬼貫句碑 by たこはち
garan
nama.eさま おはようございます。
 治五郎先生の像は講道館本館ビル(事務棟)にありますのでスレッドを移動しました。またメモなど貼らせていただきました。もとのスレを建てられた場所も講道館のビルで新館ですが、1Fは貸店舗。上層階に武道場があるそうです。
親マップ: 嘉納治五郎像 by nama.e
garan
parunasさま おはようございます
「鯉之碑」かな?碑が小っちゃくてよくみけませんけど。
親マップ: ○之碑 by parunas
garan
せっかくお近くまで寄られたのに残念ですね。画像と詳細は井伊谷宮のサイトにもあります。
http://www.iinoyaguu.or.jp/keidai/ka...
親マップ: 宗良親王歌碑 by がらん
garan
winecolorさま こんばんは
井伊谷制覇おめでとうございます。画像ありがとうございます。雪峯は朝鮮通信使の写字官であることもわかってきました。
親マップ: 龍潭寺 扁額 by がらん
garan
まってました‼多謝
garan
winecolorさま こんにちは
 寄ろう寄ろうと思いつつ三年も経ちました。本堂の裏を回り込んで最奥でした。上海から遺髪を持ち帰った甲斐軍治の墓も寄り添うようにありました。位置を修しました。
garan
winecolorさま こんにちは
 「雪舟禅師之碑」を貼りに来て、この画像が目にとまりました。お写真を拝見すると総社駅前の「雪舟堂」のビルが写りこんでるので昔は駅前にあったのでしょうね。
親マップ: 少年雪舟像 by winecolor
garan
nagareyama-cityさま おはようございます
運河大師とともに見てみたい碑像の一つです。少しタグを貼らせていただきました。
親マップ: 利根運河 by nagareyama-city
garan
『慊堂遺文』によればこの碑も松崎慊堂の代撰でした。
国会図書館DC 36コマ目
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8...
garan
『慊堂遺文』は国会図書館DCにありました。40コマ目。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8...
garan
たこはちさま おはようございます
 画像を拝見してタグを少し貼らせていただきました。東郷平八郎の篆書題字、大正5年、帝都賜菊園會長藤野静輝譔書 印・印
garan
松平祖先之墓
民部少輔從五位下諱忠容、小字善十郎、姓源氏、松平其先出自桃園王信濃上田城主従四位下侍従兼伊賀守諱忠周之季子也、侍従公爲京尹之、享保壬寅夏六月十一日生、公於堀河邸侍従、公遷為執政、明年乙巳、公来於 東都、而居青山之邸、戌申四月侍従、公卒、嫡忠愛嗣、乃請朝割信濃河中島五千石為公之食邑、盖侍従公遺言也、元文中、公為西城給事中、以性多病屢乞骸骨、  優諭不許、特  恩令漫游郊旬以養疴、世以為榮、寶暦丙子春二月、准親軍元帥、其五月拜侍中其所主如内謁者云、無何以病致仕而薙髪、自號笠翁、間適養老、安永辛丑春正月廿三日卒、享年六十、葬于 東都天徳寺、男一人名忠常、即嗣君也、臣篤恭奉命為銘、銘日、
 生存相府、 膴仕在  公、 支封之祖、 有俶令終、
安永十年歳次辛丑二月廿七日      臣由利篤恭再拜謹誌
親マップ: 松平忠容の墓 by がらん
garan
練齋小柴君墓碣銘
君諱宣雄、初稱新之丞、後改新一郎、號練齋、父忠介、長州人、來爲佐倉藩士小柴理兵衛義子、有故不嗣、理兵衛復養他子、名彌助、命君爲之子、初以善書、補右筆、歴徒目付畱守居中役、嘉永七秊擢代官役、即郡職也、給歳俸三十苞・廩三口、君好學通經史、兼妙筆法、受業福山人小島五一、又修長沼氏兵學、其爲右筆兼藩黌敎員、葢右筆俗吏、君乃能如此、性廉直愨實、以欺人爲恥、其爲郡職直情徑行、與同僚忤、不得久在近地、出管別邑在出羽柏倉者、居數年治績漸著、慶應二年、増秩進班、遷爲府田主税叓、以藩士管幕府田、會計繁雜、君日夜籌算秩然整理、明治二年、改藩制爲書記、無幾藩廢、不復出仕、廿秊十一月廿二日、歾于佐倉大和田新田私宅、享年七十有一、娶川島氏、子四、長曰重稷、稱小次郎、有膽、略通佛蘭西學兼好武術、戊辰變與志士擧兵走會津戰、負創在病房、官軍逼城燒之、乃自殺、時年二十一、次曰洋一、任千葉縣屬、次曰保人、出仕内務任技師、次曰熊男稱寺澤氏、女三、曰富士、嫁林務宦高橋琢也、曰結、曰堂、嫁南徳太郎三子、葬君于千葉郡大和田新田字新木戸前、來請銘、余知君久矣、安忍不銘、其銘曰、
嗚呼練齋 筆法遒勁 人唯知其書 不知其心正 則筆亦正 爲吏十載 自持廉潔 貽惠子孫 聯綿不絶
明治廿一秊十二月 正六位依田百川撰 佐治自謙書 廣瀬音五郎鐫
garan
碑文の読める画像はありがたいです。
garan
【釋文】
伊藤君諱謙、号樟堂、尾張人伊藤圭介之子也、幼承庭訓、長通漢學、兼習洋文、亦精醫理、十一歳随侍東京、十三歳從歸尾州、十九歳游浪華、二十一歳復來東京入醫學校、留心本草中事、明治七八年間採藥於信州駒嶽・御嶽・淺間嶽諸山、後歴日光・箱根・伊豆・勢州菰野山等處、奇花・異草・毒藥・霊根莫不徧採、遂撰『藥品名彙』一書、廣行於世、又譯西人植物等學著為『植學略解』、文部省亦刊行之、十一年患胸病、左肋膨脹、醫治罔瘥、自知不起、常鬱鬱不樂、頼親友勸慰、乃偕遊於瓊浦・麑島・熊本九州諸勝地、又浴於有馬温泉、歸東京養疴、亦手不釋巻故著述頗富、異日期付梨棗、至明治十二年病勢漸増、攻苦尚力、以是益憊延、及八月二十六日謝世、傷矣、距生於嘉永四年十二月、得年二十有七歳又九越月也、
大清光緒五年歳次己卯嘉平之月皇華使者四明張斯桂撰并書     廣羣鶴鐫
※撰・書の張斯桂は清朝末年中国外交官、樟堂の父伊藤圭介との『「清副公使張斯桂」との筆談記録』(国会図書館蔵)がある
親マップ: 伊藤樟堂墓誌 by がらん
garan
読んでみました
・かえりきて 又もや見なん 坂の松
 すみあらすなよ 元の庵
garan
winecolorさま 
 「右近廣隆」とあります。日本海上保険(日本火災海上保険の前身)社長右近権左衛門の御父上の碑のようです。落款とか見えず誰彼の撰書不明で残念です。安居神社の漢詩碑も面白そうだが読めず。
garan
winecolorさまこんにちは、
 明治の漢詩人妻鹿友樵(草盧)の御父上の友蕘(草冠に堯)の碑のようです。
garan

【釋文】
峯上雨初収 風光入勝游 閒雲横遠岫 瀑水響寒流 苔徑樵人返 茂林倦鳥休 更驚山凹處 室裏有帆舟 
辨天峯即事
 文化丁丑之□ 
            萩原正巳
【碑陰】
箱根山中因多勝區、而辨天峯爲一、余嘗聞其勝、而未暇遊、余讀安平□所題詩、其風光宛然在眼、使人神馳日飛日□□□、碑陰以寫他日躋來之意云、丁丑□月□□清水正德誌、男興謹書
garan
蘆湯神遊碑 1792 寛政4 峰山医官撰

【釋文】
蘆湯神游碑
巒山之傍、冠嶽之下、蘆湯出、其浴則可以蒸蕣、可以延齡、貪爲廉、奴化和、且寇盗不侵、惡獸不害、何其美也、叙賞遊、而樂歸、而日思夜夢、以時飛矣、今茲于來、日攀辟佇、弄煙霞、頗有眞人想、然歸有期言、嗚呼人生幾、何人知重遊、果在何年、然心之所樂、惟死而朽、神游必是、因建石、記之命曰、神游碑、
于時寛政歳次壬子仲夏
峰山醫官
東都 樹庵
 黒弘休伯芝甫誌

【碑陰】
東光庵主 菊仙叟
當所守碑 勝間田萬右衛門賢宣
棟梁青木氏
  石工 久吉
     半右衛門
親マップ: 蘆湯神遊碑 by がらん
garan


蘆之湯詩碑・題 文化7 山本北山題 佐羽蘭卿・木百年・絲井榕齋・大窪詩佛・緗桃・山本緑陰詩、大窪詩佛書

【釋文】
涼風生時雨始収 禀風雲脚去如流 東南一角山寸缺 轉出蒼波万頃秋  淡齋佐羽芳
數聲杜宇夢醒聞 起倚闌干夜欲分 最是雙峯奇絶處 一峯吐月一峯雲 愚庵木壽
棧路欹頽挂翠蘿 行人樹杪踏雲過 名山如把奇書讀 妙處偏經險處多 榕齊糸井翼
似霧似煙還似雨 霏々漠々更紛々 須臾風起吹將玄 半作前山一帯雲 詩仏大窪行
鶯聲相喚夢初回 爐虚添香乎自焙 小雨纔収雲脚散 雙峯藷翠入簾來 苙桃今川氏
雲影乍肪還乍明 山邨一日幾駁晴 霏微箜翠凉如洗 滴作前檐疎雨聲 緑駁山本謹
文化七年歳在庚午秋七月           慶雲刻

【碑陰】
蘆湯者筥根温泉也、能諧痼起癈、文化庚午秋、佐羽蘭卿・木百年・絲井君鳳・大窪天民・吾婦苙桃・男謹・喜多武清・谷文一、同遊於斯、賞愛煙霞泉石不凡、各作詩以賦其勝、蘭卿与謹謀、立石勒之於碑面天民書、更使武清・文一及其師谷文晃、各爾魁星像刻碑陰、以長保護此山文雅云、北山山本信有題、慶雲刻
 
garan
浅茅菴狂歌碑
【釋文】
照のよき もヽちを見よと 夕日影 さしてをしふる 枝を手折ん        桐原駒寸
されはとて 千代ふることの かぎるかヾ 岩根におふる 松のときは木     浅黄染人
老ぬれて 花紅葉共 ましては 月となかよき 峯の松の枝           浅水庵
                 浅茅庵選
文政元戊寅霜月
         催主      置兼
                 近家
                 坂守
*読みがたい文字あり、批正を乞う。
garan
「十山亭詩」碑 釋文
【碑表】
新剏十山亭 高臥翠微裏 無復人追隨 日與雲相倚
被以峯頭雲 枕以渓邉石 富貴何關心 無事便侯伯
孤亭在雲外 人飲半天中 莫道無僊骨 醉來将馭風
一望十名山 粧點雲又水 若無詩句佳 奈此煙霞美
青山相峙立 中有玉爲膚 所謂九人耳 更有一美妹
淡齋佐羽芳題  
【碑陰】
文政七年歳次甲申秋八月玉上厳集唐願魯公書
廣羣鶴刻
親マップ: 十山亭詩碑 by がらん
garan
千明仁泉亭「(徳富蘆花)追憶之碑」・徳富建次郎墓誌寫

『徳冨蘆花追憶の碑』
【篆額】
追憶之碑
【本文(上段)】
伊香保の山の仁の泉よ 永遠に人の子を醫し温めて 其處に恒に新たな生命の春を醸せ 伊香保の里も榮えよ 老いたる者よ 安かれ 壮なる者よ 働け 幼き者よ 育て 蕾よ 開け 花よ 實を結べ 墓に入つた者よ 安らに眠れ 伊香保の山の仁の泉よ 爾を愛することを知り爾に愛さる々を得る私共は福である 爾を造りし者に永遠に榮あれ
 蘆花翁は伊香保の山に向ふて斯く心に謂ひつ々けたのでありました
 昭和三年五月十八日  千明主人誌
【本文(下段)】※徳冨蘆花の書
大正癸亥五月 於伊香保仁泉亭 德蘆花
うめよ 殖えよ 湧けよ 流れよ とこしへに
生命の力 仁の泉
【碑陰】
徳富健次郎墓誌寫
君號蘆花、明治元年十月廿五日、生肥後水俣、父淇水一敬、母矢島氏久子、兄蘇峯猪一郎、幼時軆質蒲柳、少壮享父兄訓育提撕、中年以降卓然自立成一家、其著作大行于天下、妻愛原田氏、形影相倚無嗣、臨終託兄以后事泊然逝於伊香保養痾處、實昭和二年九月十八日也、享年六十、君稟性眞摯而狷介、不能與世俯仰、能施人愛衆情緒泉湧才思雲生、畢生亦直情徑行而、只好眞善美、歸葬粕谷村荘之林中者、蓋遺意而亦所以成村人之志也、
兄蘇峯六十五叟揮涙書
昭和三年五月十八日   千明三右衛門・同均建之
garan
転ぼさま おはようございます。
 碑文を読んでみました。歌ではなく大正天皇御即位を奉祝した神田寄進の記念碑のようです。

此のみやしろに、附きたりし田ところの、今は無きことを慨み、
神つかさ・氏子等神田會といふを起して、今泉の本郷と、長良の
福光とに、数段の田を購ひて寄せ奉り、 今上天皇の御即位を
祝ひ奉る記念としたるは、いとおむかし、その会員の名は裏にあり、
 大正八年三月 御歌所寄人従五位勲五等阪正臣しるす
garan
記念碑
當富墓地所遷一瀬墓地者而依五鈴遺響蓋如蓋墓地一瀬自承和中牧田郷比良田人川俣藤継在住之時存在也其後天正九年豊臣氏攻略峯城也城主平田兵庫頭戦死於此地有荒墳存焉爾来為累代墳墓地際大東亜戦争因設置海軍工廠於此地一同相謀而選西光寺境内以為墓地矣此固朝夕耳鐘鼓煉香以慰先霞之地也依而子茲建碑以録於後世
 昭和十八年三月建之 内田高之輔書
北川新三郎撰

garan
石川近江守封内勢州河曲郡罹現町村庄屋常房永井係兵衛氏者至誠純潔加之躬行賞隈之士也曽元禄十丁丑年七月興隣村孚水利致用水出入訴訟於公儀終勝訴焉茲始碍洗游積年偏執固隠弊習之寄以此年々歳々所以謳歌豊穣之者皆氏之濃心血労神心之賜也裏清節足以決於事裏仁屍足以潔裏身藍公僕如氏所稀観也村人因裏所湯地以配裏有徳翻日罹現係兵衛亦有故哉有志薦此偉人建碑以永傅裏係矣
大正参乖祐月建之 改修平成18年
garan
故真木長澄配東島氏墓
東島氏名千登、佐嘉藩士、真木長澄妻、同藩士東嶋幸前女、生長義及二女、明治十三年三月五日病卒、葬青山新塋、享年六十有三年又二月
相良頼善撰并書
garan
(妙心甕蓋墓誌銘)
孺人井上氏、諱德、後祝髪號妙心、水府城西淨滿寺之産、配龜井潮音、生二男三女、寛政二年庚戌十月廿二日病卒、享年七十有七、葬于淨滿寺祔于翁、伯魯以教授官管本藩西學、仲爲僧名宗曄住持横嶽崇福寺、
garan
soretanuさま はじめまして
この画像の双体さまはここ(西塩沢の火の見の下)のようです。
親マップ: 双体道祖神 by 匿名
garan
バス停にあるようです。
親マップ: 双体道祖神 by 匿名
garan
winecolorさま こんにちは
一年前に出かけてみました。位置確認して画像貼りました。小さく「之」字も入っていました。
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 15 |